« 31回北海道大会(その8) | トップページ | 31回石川大会(その1) »

2011年8月21日 (日)

31回北海道大会(その9)

 「クイズ ホールドオン!」ですけど、出場者が高校生クイズで優勝とはっきり言っていました。NHKで高校生クイズに言及されたのは初めてではないでしょうか。問題点としては、一問一答のところで解答者ごとに問題のレベルがかなり違っていたところです。普通に知識で答えられる問題と、選択肢を勘で答えるようなタイプの問題が交ざっていました。あと、チャンピオンが挑戦者ごとの問題を選ぶところも下手で、有名クイズプレーヤーをつぶせる問題が用意されているのに、なぜかそれをぶつけない。あの番組は「あと1ポイント足りなかった」として、結局一切の賞品のたぐいを出していないんですよね。さすがNHK。

 それでは北海道大会です。決勝の12問目、クイズ番組でしか聞かれない知識で旭川東の最多枠が王手になります。そして13問目も、ここでこんなのを出すかというひねりのない問題。最多枠が答えを叫んで決定しました。上重アナはビクトリーと叫びません。「お見事」と言うだけで静かです。
 実はこのチームに、OB東大生とともに一昨年全国大会に出たメンバーがいることがわかりました。旭川東の負けたチームは「早押しで全国大会に行きたかったので、インターネット予選で出るのがくやしい」。つまりインターネット特別大会で勝つのを前提にしているのです。すると札幌南も旭川東に一言と言われて「ネット予選で勝つんで全国の舞台で待っていてください」。札幌南は本当にネット予選で共学校1位になりました。
 16時ごろ終了しました。上重アナも問題を読み直しています。

 翌日は石川大会です。帰りはスカイマークの便を取っていました。直前まで航空券を買えないようなところに入っていたので、前日でも最も安いということで。折り返して乗る便になる飛行機が少し遅れて到着しました。そして搭乗が始まる時刻になると、案内が少し遅れるという放送がありました。ところがその数分後に、機体に不具合があるので欠航という放送です。スカイマークだから信用できないとは思っていましたが、本当に期待通りやってくれるとは。次の最終便は飛ぶのですが、振り替えの余地はほとんどありません。トラブル時の対応でも大手2社に比べて柔軟にする余地がありません。果たして次の予選に行けるのか。

|

« 31回北海道大会(その8) | トップページ | 31回石川大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52528230

この記事へのトラックバック一覧です: 31回北海道大会(その9):

« 31回北海道大会(その8) | トップページ | 31回石川大会(その1) »