« 実に腹の立つ話 | トップページ | アナログ最後の事前番組(その5) »

2011年8月 5日 (金)

31回沖縄大会(その11)

 入っている間に回覧される新聞を読んでいたら、「FLASH」の広告で、「水樹奈々 歌姫の休日」という沖縄でのグラビアがありましたね。明らかに高校生クイズのときに撮影しているわけですから休日ではないと思いますが。出たときにはすでに次の号が発売されていたので、ネットカフェで見ました。高校生クイズに言及されていて、宣伝を兼ねた記事だったんですね。

 それでは沖縄大会です。決勝は3チームが5ポイントになっています。22問目はまた芸能問題。これを昭和薬科大附属の女子が取ってついに王手です。次は球陽の男子が正解して、24問目を昭和薬科の最多出場枠が取ります。これで昨年代表も王手です。すると鈴木アナが桝アナに何かアドバイスしに行きます。本当はまだ自分がやりたくて未練があるんだろうな。
 25問目、球陽の男子が不正解。これで2×です。次は昭和薬科の、昨年代表が1人いる方が正解して5ポイント。そして27問目で球陽の混成が思い切った押しをして、ついにここも王手です。今年は最初の予選から盛り上がります。
 28問目。簡単な問題で、答えたのは最多出場枠の昨年代表。最終結果としてはつまらないものになりました。桝アナはビクトリーとは叫びません。敗者インタビューで、まったく答えられなかった沖縄尚学が「なんでそんなポイントで押せるんですか」。終わってからまた鈴木アナが桝アナに何か話しています。あとは三好アナが勝者インタビューしたり桝アナの写真を撮ったりしていますが、鈴木アナの登場時の口上を録音し直しています。司会を引退してなお、収録終了後にとり直しがあるのか。

|

« 実に腹の立つ話 | トップページ | アナログ最後の事前番組(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52445155

この記事へのトラックバック一覧です: 31回沖縄大会(その11):

« 実に腹の立つ話 | トップページ | アナログ最後の事前番組(その5) »