« 31回石川大会(その2) | トップページ | 31回石川大会(その4) »

2011年8月24日 (水)

31回石川大会(その3)

 今週、テレビ東京では昼に5日続けて「開運!なんでも鑑定団傑作選」を放送していますが、週間番組表を見ると、なぜか突然、明日から「いい旅・夢気分」に変わっています。それなら、謹慎中に今田耕司が代理をしていた回を放送すればいいのに。

 それでは石川大会です。ペーパークイズの結果発表の準備中に急に雨が降ってきます。この地区で最も参加者が多いのは金大附属だったことがわかりました。その中で成績トップのチームは男女混成です。
 1チーム目の女子がブー、2チーム目の女子もブー。どの地区でも最初の方に並ぶのは女子になっています。次から金大附属が続いて、ずっとブーです。9チーム目がようやくピンポン。そして11チーム目の女子がピンポン。今年はここまで女子チームが一つも県代表になっていませんが、決勝に出ること自体珍しい。
 またブーが続いて、18チーム目の男女混成チームがピンポンです。このチームがいるクラスは男子が1人しかいないそうです。この後、同じ学校が続きますがずっとブー。次は金沢泉丘が続いて、25チーム目が昨年代表です。このチーム、早押しで1問答えるごとに変なしゃべり方をしたのでした。ピンポンです。
 あと11チーム残っていて残り枠が1つ。しかし次の26チーム目がいきなりピンポンです。これで終了しました。残り10チームがゲートをくぐるところも一応全部撮ります。

 結果発表が終わったら、またすごく晴れました。決勝に残ったのは金沢泉丘2チーム。その一方は昨年代表です。男子1人の石川県立工業。そして金大附属が3チーム。うち1チームが女子で、最多枠は1年生です。アルバイト先に遅れると電話したチームがいますが、アルバイトのことを放送されるとまずいそうです。県立工業の女子2人に中央の男子はどういう存在かと聞くと「気持ち悪い」。昨年代表は地理の補強のためにメンバーを代えたそうです。昨年も変なしゃべり方をしていたメンバーが木刀を差していて危ない感じです。
 1問目、「石川県の関所で歌舞伎」で木刀が、歌舞伎のようなしゃべり方で「あたかの~せき~」。いきなりこいつです。青木アナが「金沢の海老蔵」と言います。この後、もっとむかつく解答の連続。

|

« 31回石川大会(その2) | トップページ | 31回石川大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52552394

この記事へのトラックバック一覧です: 31回石川大会(その3):

« 31回石川大会(その2) | トップページ | 31回石川大会(その4) »