« 31回富山大会(その2) | トップページ | 31回富山大会(その3) »

2011年8月28日 (日)

イケメンをしゃぶりつくす再放送

 「土曜スペシャル」の路線バスの旅、テレビ東京の再放送でも短縮版でした。昨日テレビ大阪で1カ月遅れでフルバージョンが放送されたのですが、大阪に見に行く時間はありませんでした(奈良の実家ではテレビ大阪は入らない)。

 なんでこんなことを書いているかというと、今日の高校生クイズ再放送は、なぜか本放送よりも30分近く放送時間が長くなっています。過去に、前年の再放送が「ディレクターズカット版」として関東大会の模様が大幅に増やされていたことがありますが、番組全体の放送時間は変わりませんでした。今年はいったい何があるのか。
 今、改めて全国大会1回戦の問題を見てみると、クイズ研究会なら事前に予想できる範囲から出ていますね。国旗の問題が出るのはわかっているのだから、国旗を全部調べていかにもややこしそうなところを狙えばいいし、アメリカ大統領にしても、一通り調べて、クイズに出るのは特徴的な人物だけなのでそれを覚えればいい。
 今回、今年の番宣の中で1回戦の問題が出ていましたが、高校生クイズの本のYES-NOクイズの解説を読めば答えられる問題がありました。○×クイズが廃止されても、こんなところで生かされていたのか。

 一方2回戦は、早さでごまかされますが、クイズ的には頻出の非常に初歩的な問題も出ていますね。久留米大附設の出身者に堀江貴文というのはカットされていませんでしたが、準決勝の3問目はしっかりカットされていました。私は忘れていましたが、あれって津波の高さを計算する問題だったんですね。
 そういえば番宣で、被災地の代表も活躍と言っていましたが、今年のルールで被災3県の代表校がそんなに正解できるとは思えません。オープニングでちょっとしゃべらせて、二度と映らないというパターンではないでしょうか。そういえば、今の高校生クイズでは、全予選で収録した東北への応援メッセージを流せる余地はないと思うのですが。22地区の「頑張れ」と6地区の「頑張ってる」をどう処理するのか。エンディングの映像かな。

 いろいろカットされているにもかかわらず、なぜか決勝終了までの時間は本放送のときよりも長くなっています。続いて春に放送された開成のリーダーの東大受験ドキュメントがくっつきます。まさかあの人もこんなに骨の髄までしゃぶりつくされるとは。少なくとも、現在の高校生クイズで優勝するのに必要な能力と、東大の入試に合格するのに必要な能力は異なると思います。

 今年の番宣も、上位に残った学校がネタバレしています。もはや日本テレビ側としても、どこが勝つかという興味をひかせるより、あの超有名進学校の○高校が勝ち残ってるから見てと事前に教える方が数字が取れると思っているんでしょうね。

|

« 31回富山大会(その2) | トップページ | 31回富山大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52590808

この記事へのトラックバック一覧です: イケメンをしゃぶりつくす再放送:

« 31回富山大会(その2) | トップページ | 31回富山大会(その3) »