« 31回長野大会(その2) | トップページ | 31回長野大会(その4) »

2011年8月 9日 (火)

31回長野大会(その3)

 今夜は「すイエんサー」で、1年以上前の福澤朗が「ズン、チャッ」と言って品川祐が「燃えているかーっ」と言う回が再放送されていました。それにしてもこの夏休みは、NHKが異常にクイズ番組を放送しますね。「天下統一」「ホールドオン」「スゴロQジャパン」「ええクイズ売りまっせ」。そもそもクイズ番組の弱いNHKが本気を出してクイズのレギュラーを作ろうとしているのだろうか。海外でヒットしているクイズ番組のフォーマットを買うなんて、NHKがやることか? どんどん民放化してきています。

 それでは長野大会です。次はペーパークイズですが、問題数は101問だそうです。いつの間にそんな企画が。1問目は応援パーソナリティクイズです。これは会場の左右のボードに最初の10分間張り出されます。この地区で出たのは、ライオンの絵があって、これを描いたのはムーディか永井か藤原アナかというものです。

 ペーパーが終わって、15時前からムーディ・永井・藤原が舞台に上がります。雨が降ってきました。昨年のこの会場は豪雨で1時間中断しましたが、昼は晴れていました。今日も、会場に着いたときには絶対に雨など降りそうになかったのに、長野の天気はよく変わります。
 パーソナリティクイズの正解を発表します。続いて、長野に住みます芸人がネタをやります。次はムーディです。「結婚式で歌った陣内智則と藤原紀香があんなことに」という、テレビではやりにくい話をします。そして今さら、右から左へ受け流す歌です。永井のライブもあって、3組もあるとさすがに長ったらしい。
 続いて抽選会ですが、こちらはどんどん引いてすぐ終わります。

 ペーパークイズの結果発表です。松本深志でトップのチームは自動的に決勝進出ですが、このチームは先ほどの抽選会で水樹奈々のポスターも当たったらしい。
 1チーム目の女子がブー。2チーム目がピンポン。3チーム目の女子はブー。辻岡アナはここで負けることを「リタイヤ」といいます。鈴木アナは「敗退」でした。ブーブーゲートに乗る前の1チームずつのインタビューが長い。ここからずっとブーです。唯一の敗者復活チームも当然ブー。

 この後、セット以外にも新色登場。

|

« 31回長野大会(その2) | トップページ | 31回長野大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52445159

この記事へのトラックバック一覧です: 31回長野大会(その3):

« 31回長野大会(その2) | トップページ | 31回長野大会(その4) »