« 31回長野大会(その5) | トップページ | 31回北海道大会(その2) »

2011年8月12日 (金)

31回北海道大会(その1)

 入れられる前にコメントで質問があって、それに対して、会場で写真撮影することは制約されていないと書きました。しかし今年の予選に行ってみたら、動画も静止画も撮影するなといちいちスタッフが言って回っています。ネット時代になってそこまでやらなければならなくなったか。そういえば先週の火曜日まで、中で流れるラジオを強制的に聞かされたわけですが、日曜の昼にはTOKYO FMの山下達郎の番組がかかります。この番組では20年来、新しいアルバムが出るたびにすべての曲を先行して放送してきたそうですが、そういうことをすると発売前にサイトで全部ダウンロードできる状態にされる時代になったので、もうやめるか真剣に検討したそうです。結局今回もやることになったのですが、いやな世の中になったものです。

 8月4日には2カ所で予選があります。福井大会は昨年と同じ場所だし前日見た長野大会と同じだし、一方で通常大会のセットをまだ見ていないしかつて使っていない会場ということで、北海道大会に行きました。
 場所は札幌ドームに隣接した練習場です。人工芝のグラウンドになっています。ドーム近くのセイコーマートで買い物していたら、店の前を、旭川東ののぼりを持ったクイズ研が大挙して通っていきました。
 今回の通常大会のメインセットは、女のモデルのような雰囲気を前面に出したデザインです。全国大会の方針を隠すためにモデルを起用して宣伝しているのと通じています。そしてテーマ曲「ハリウッド」の新バージョンが20回以来久しぶりに作られたことがわかりました。しかし前の曲に比べると中間部分が楽器が少なくて編曲ともいえないような感じで、なんでこんなのをいちいち作ったのかわかりません。そして水樹奈々の「今日は会場に行けなくてごめんなさい」という録音とともに応援ソングが流れます。受付時間中は、3代目ハリウッドと水樹のごめんなさいが交互に流れます。
 そして大塚食品のMATCHと河合塾のブースがあります。我々はグラウンドに降りられないので、河合塾のブースで何かもらえるのかは見えません。通常大会のセットを運ぶトラックには、今年は地区大会の放送日時も書かれています。
 この後、幻の企画。

|

« 31回長野大会(その5) | トップページ | 31回北海道大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52452986

この記事へのトラックバック一覧です: 31回北海道大会(その1):

« 31回長野大会(その5) | トップページ | 31回北海道大会(その2) »