« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月 9日 (土)

アナログ最後の事前番組(その4)

 コメントに答えます。予選会場で写真を撮るなと言われることは通常はありません。高校生へのサービスなので、写真撮影禁止のタレントは来ないと思います。ただ、黙認されているものがここに書くことによって明示的に禁止になるとまずいと思っています。とりあえずクイズ出題中は撮らないというのが常識的なところではないでしょうか。あと、写真と異なって動画を撮影するのには最近うるさいようです。

 それでは事前番組です。沖縄大会の決勝で、女子2チームが正解するところを連続放送します。女子が勝ったかと期待させる映像です。そして2チームが5ポイントの状態から、昭和薬科の女子チームが正解して王手になります。しかし次を昨年代表も正解してここも6ポイントに。どちらが勝つのかという編集なのですが、球陽の混成チームも王手になったことは完全に無視しています。そして代表が決まったところでCMです。ここで沖縄の砂浜を走っている映像が流れますが、今年撮影したものではありません。そういうやり方があったか。

 芸人紹介に戻ります。宮城大会に来るのはサンドウィッチマン。伊達は高校時代、126回遅刻したことがあるそうです。東北魂のTシャツをプレゼントします。この地区には春香クリスティーンも来ると、画面の文字だけで処理されます。
 愛媛にはバッドボーイズが来ます。マニアックヤンキーものまねをするそうです。そして中国・四国の残り5つの単県大会はレギュラーです。ムーディー勝山に続いて、タレントを決めるのが面倒臭くなったかのようです。宮古島の旅館のあんどんをプレゼントします。画面には「地区によってはTシャツ」と出ます。北陸と東北の4県はエハラマサヒロ。プレゼントはギターのピックです。青森・岩手はあべこうじと佐久間一行。希望者全員をハグするそうです。北海道はダイノジです。プレゼントはエアギターのサングラスです。

 この後、究極のだまし。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2011年7月 8日 (金)

31回沖縄大会(その10)

 六本木の近くを歩いていたら、バイク便の人が受け取った荷物を荷台に入れていました。その荷物に書かれていた文字が「中居正広の怪しい本が集まる図書館2HSP」。また放送があるということか? そういえば昨夜TBSでやっていた「未確認情報ジャッジバトル!ブラックORホワイト!」は、怪しい本が集まる図書館のパクリでしたね。同じ問題を出して、同じ解説者に同じことを言わせていました。というか、TBSが先週から今週にかけて深夜に単発でやってるクイズ、よそで見た企画ばかりじゃないか。低迷を脱するには前途多難です。

 それでは沖縄大会です。決勝の9問目、昭和薬科の昨年代表が1人いる方が正解します。さらに次も正解で4ポイント。そして次も押しますが不正解。これで×が2つつきました。
 12問目は昭和薬科の女子が正解。次は球陽の混成が取ります。14問目の正解はブーケガルニですが、球陽の男子がブイヨンと答えて不正解。ここで押すのが遅かった昭和薬科の2×もブイヨンと答えようとしていたそうです。地区大会の決勝に失格ルールが導入されて以降、実際に失格するチームが出たことはありませんが、今回は何かが起こるか。
 15問目、正解は涼宮ハルヒでしたが、途中で押した球陽の混成が「涼宮ハルヒの憂鬱」まで言ってしまって不正解になります。問題文が「~作品の主人公は?」なので正解にできません。16問目、イルカにつく動物の漢字は豚だが、蘇我いるかにつく動物の漢字はという新しい振りの問題です。球陽の混成が取ります。
 17問目は最多出場枠が正解。次の問題、「チベット、スペイン、いりおもて」で昭和薬科の女子が「西」を正解します。これも新しい振りです。今回、いい問題がそろっています。これからネタ切れしてくるんですけどね。
 19問目は球陽の男子が正解。20問目、「しずちゃんがオリンピック出場を目指している競技は?」。基本的な芸能問題が出るのは、これが翌週の事前番組で流れるからでしょうか。最多出場枠が正解。さらに次の問題も取ります。途中まったく音無しだったのが、ようやく答え始めました。これで3チームが5ポイントの大接戦です。
 この後、ラルフが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

アナログ最後の事前番組(その3)

 月刊少年マガジンの8月号が出ました。高校生クイズ漫画です。舞台は群馬の山中で、これなら全国大会への競争率はかなり低そうです。60ページぐらいあるのに、クイズのことが全然出てきません。主人公が高校生クイズに参加する経緯だけで1回分全部使っているのですが、あまりに荒唐無稽です。リアリティがなさすぎるし、無理にエロを入れようとしているし、クイズマニアの人たちは、今回読まなくていいと思いますよ。これが高校生クイズの参加者を増やすものになるとはとても思えません。
 一方、本編の後に見開きで高校生クイズの過去問が載っています。○×クイズがあんなに載っていますが、今年の大会に○×が役立つのか?

 それでは事前番組です。レイザーラモンRGは予選会場まで7時間かかったが1問目で負けたそうです。しかし母校では、地区大会に行っただけでスター扱いだったそうです。香川大会ではHGのタンクトップをプレゼントします。RGは即興あるあるネタをやるそうです。
 ムーディー勝山と永井祐一郎が中部地方の単県大会全部に行きます。ここで急に手抜きになった感じがします。

 沖縄大会の前日に、桝アナが首里高校に行っていたことがわかりました。ここはスリムクラブ真栄田の母校です。真栄田の卒業写真は、ピースをして目に落書きしています。ナレーションが「レディ・ガガより前に」。真栄田はラグビーで国体の沖縄選抜に入ったこともあります。また、ガレッジセールのゴリもここの卒業生です。
 ラグビー部に行ったら、部員が8人しかいません。他校と合同チームで大会に出ているそうです。全国的にラグビー部はこういう状況になっているようですね。次に女子サッカー部に行くと、すでに応募した人がいます。
 さらに桝アナは沖縄尚学にも行っていました。この学校は琉球空手が必須科目だそうです。桝アナが三択を出します。女子なぎなた部に小池栄子似の人がいるそうです。ここでCM。募集CMでは○×クイズの正解発表が流れています。
 沖縄尚学には鈴木アナまで来ていました。70人勧誘します。

 沖縄大会のペーパークイズの映像をはさんで決勝です。解答席の色が違う最多出場校枠の説明もあります。書き問題の1問目を放送して、3問終了時の得点が出ます。
 この後、存在を消される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

31回沖縄大会(その9)

 ビデオデッキのハードディスクの空きをつくるために、今年の正月の「さんま・玉緒のあんたの夢をかなえたろかスペシャル」を見ました。京都の人にインタビューすると、「4チャンネルはずっと見てんねん」。そして安住紳一郎の実物を見たことがあるが冷たい人だなどと言います。この「4チャンネル」を画面に文字で出して、それが毎日放送のチャンネルであるという説明は一切ありません。よくこれがそのまま通ったな。東京で見ているとギョッとしたと思います。

 それでは沖縄大会です。桝アナが決勝のクイズ名を言うとファンファーレが鳴ります。昨年と同じです。まず書き問題を3問出して、その後で早押しです。7ポイントで全国大会進出。しかし早押しで間違えるとマイナス1ポイントで、しかも3回間違えると失格です。マイナスポイントと失格が両方ある早押しなんて見たことがありません。さらに0ポイントの状態で早押しに間違えると失格です。なお、これらのルールが正確にわかったのは後のことです。ルールの説明が不十分です。

 1問目、英語の問題で全チーム正解。2問目、問題自体は非常に古典的ですが、それにAKB48という新しい前振りをくっつけています。これも全チーム正解。番組側は、AKBの振りで別の答えを書くことを期待していたらしい。3問目は確率の問題です。3チーム正解。昭和薬科の女子は数学研究会なのに不正解です。
 ここから早押しです。4問目、語源から菓子の名前を答える典型的なクイズ問題です。球陽の混成チームが正解。5問目は音楽で、最多出場枠の昨年代表が押して不正解。6問目は文学で、昭和薬科の女子が正解です。7問目は昭和薬科の昨年代表が1人いるチームが不正解。昭和薬科が不調です。

 ここで、球陽と昭和薬科に同じ名字の人がいることについて司会者が「兄弟なの?」と冗談で聞くと「はい、そうです」。決勝に別の学校に通う兄弟が残っているとは、参加申込書だけでは調べようがありません。思いがけず新たな対立軸が明らかになりました。

 8問目はパラレルの問題で新しい前振りです。この後もそうですが、最初の予選なので、いい問題がそろっています。これがだんだんネタ切れしてくるわけです。
 この後、大接戦に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

アナログ最後の事前番組(その2)

 ヤングエースがまた出ました。「ナナマルサンバツ」は、問題文の構造について。しかしそれよりもおもしろいのは、早押し機の入手は大変で、主人公のクイ研にも実は早押し機がないというものです。この視点はクイズをやっていないと気づきません。「早押しピンポンブー」ではだめなのか。来月、2巻が出るそうです。

 それでは事前番組です。中部大会に来るのは、はんにゃです。金田は3年のときに高校生クイズに出場したそうです。そのときの写真があるのです。1問目で負けただけでなく、敗者復活戦の集合アナウンスを聞き逃して参加できなかったそうです。川島がかける仲本工事みたいなメガネをプレゼントします。
 北九州はNON STYLEです。井上の着ている白シャツ・白ズボンをプレゼントです。一方、石田は、芸能人20人のサインを集めてプレゼントするそうです。
 今年も関東大会にAKB48の誰かが来るという告知があります。ここで初めて応募方法が紹介されます。

 続いて、くみっきーの突撃ハイスクールです。藤田アナとともに、伊奈学園総合高校に行きます。ここは日本一生徒が多い公立高校だそうです。3年に井上真央似がいると聞いて、授業中に入っていきます。ここで当然、CMをはさみます。当人は小さいころ、上戸彩に似ていると言われていたそうです。
 藤田アナが生徒に三択クイズを出します。ここで三択をやるということは、やはり沖縄以外の予選も○×は廃止ということか。永井大似のテニス部部長のところに行きます。
 さらにくみっきーは、拡声器で全校生徒に呼びかけます。すると500人以上集まります。これでこの学校で600人の参加をとりつけたそうです。

 お笑い芸人に戻ります。南九州は髭男爵です。ワイングラスをプレゼントします。そして現場では、ひぐちカッターで板割りするということです。広島山口はアンガールズです。田中は2年のとき高校生クイズに参加したそうです。山根がダーツをプレゼントします。香川はレイザーラモンです。RGも高校生クイズに出たことがあるそうです。会場まで7時間かかったらしい。
 この後、一気に手抜きか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

31回沖縄大会(その8)

 先週の「テストの花道」は、東京工業大学を訪ねていました。飛行機作りに実績のある部について「毎年琵琶湖で行われている人力飛行機のコンテスト」でも上位入賞しているというナレーションです。NHKではこの大会の名前も言えないんですね。そういえば金曜日の「スタジオパークからこんにちは」で桂三枝が「商品名を言っていいのかわかりませんが、iPadを使って…」と言うと、両アナウンサーが、「ああ、タブレット型携帯端末」と言って失笑が起きていました。「ITホワイトボックス」なんか、ITについて説明する番組なのにiPhoneもgoogleも言うことができなくて、非常にまどろっこしい。

 それでは沖縄大会です。ペーパークイズの結果発表は、11列目がブーで、12列目がファンファーレ。3チーム目の混成がピンポンです。球陽です。さらに5チーム目もピンポン。ここも球陽です。
 残りの枠は1チームですが、ここから延々とブーが続きます。昨年も来ていたダースベイダーも失格です。26列目、ついにファンファーレが鳴りました。これで残り5列は失格です。1チーム目がブー。2チーム目、ピンポン。最後は昭和薬科でした。
 収録の最中ですが、三好アナと女子チームの記念写真を鈴木アナが撮っています。

 次は決勝です。高校生クイズの標準の解答席は、上下が青い帯で中央が緑ですが、今回、最も多く参加した学校の枠は、デザインが全く同じで、赤と黄色になっています。この期に及んで解答席に新色が登場するか。この枠だから特別優秀というわけではないのですが(逆にレベルの低い学校でもたくさん応募すれば決勝に行けるということ)。決勝の映像を使うときは、解答席の色が違う意味を説明しないといけなくなります。
 観客として高校生がかなり残っています。これについて桝アナが「一部の県は本当に6チームしか残らないところもありますから」。例えば昨年の長野大会は、豪雨で中断したことと全チーム松本深志だったことで、決勝の観客の高校生など1人もいませんでした。

 鈴木アナに見られながら桝アナが司会をします。昭和薬科は、最多出場枠以外のチームにも、昨年代表メンバーがいることがわかりました。実は分裂していたわけです。昭和薬科と沖縄尚学に女子チームがいて、球陽に混成チームがいます。球陽の男子チームと沖縄尚学にそれぞれ、参加申込書の「クラブ活動」のところに「帰宅部」と書いているメンバーがいます。桝アナのインタビューは「自信」とか「戦い」とかばかりで、まだバラエティに欠けます。

 この後、クイズ中に新事実判明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

アナログ最後の事前番組(その1)

 今週の週刊現代に、児玉清の長男の話が載っています。父はよくテレビでヘキサゴンやQさまを見て、自分で答えていたそうです。そんなイメージはまったくありませんでした。それがわかっていれば、クイズ番組の解答者で出演させるという企画もあったかもしれません。

 それでは事前番組です。まずは28地区あってそのすべてに人気芸人が来て、プレゼントがあって激レアコラボアイテムがもらえるというナレーションです。そして沖縄大会のスリムクラブの映像、桝アナを呼ぶ鈴木アナとビクトリーの叫びです。
 第1問のサンドウィッチマンは、番組上は映像があります。現場では声しか流れていません。三択の問題文は、アナログ放送で見ていると読めません。なぜか、語尾が「でしょう」になっています。高校生クイズでは問題文にですますは使いません。
 ここでスリムクラブとともに答えている水樹奈々を初めて紹介します。第1問の正解はこれだというところでCMです。関東大会の参加者告知は楽しんごがしゃべっています。

 CM明け、正解の垂れ幕が裏返っていません。もちろんリハーサルのときに撮っておいた映像です。1回戦のルール説明があって、2問目の芸能問題です。3問目、スリムクラブと水樹奈々はどうしても正解したかった。ということで缶バッジの紹介です。
 スリムクラブが敗者復活戦を要求して馬跳びをする映像になります。「人気芸人が体を張るのも見られる」。そしてライブの映像と、M-1決勝ネクタイをプレゼントするところです。

 ここから各地区に来る芸人の紹介になります。全員、高校時代の写真があります。まずは関東の楽しんご。高校時代の思い出は、先輩(男)と湘南の海で水遊びしたことだそうです。抽選会でタンクトップをプレゼントです。さらにハイキングウォーキングも来ます。Tシャツと南京玉すだれをプレゼントします。
 この後、そんな写真が残っているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

31回沖縄大会(その7)

 東京では今朝、「TORE!」の事前番組をやっていました。DERO!と同じゲームは1つで(しかし機構はそのままで全面的にデザインが変わっている)、他はDERO!でやったことをアレンジして全く違うゲームにしていました。DERO!を買い取ったオーナーだったはずのテリー伊藤が、TORE!になったら普通にゲームをやらされて落とされたりするのが、世の無常を感じます。あと、黄金のファラ男像が、正体不明の割には山ちゃんに似ているのはどういうことか。

 それでは沖縄大会です。ペーパークイズの結果発表のブーブーゲートが運び込まれますが、沖縄でこんなしっかりしたものを用意するのは初めてです。いつもは単なる細い布だったりするのに。
 登録番号順にチームを呼び出して、並ぶ位置を書いた紙を渡します。これにより、少なくとも300チーム以上が応募していたことがわかります。そのうち200チーム以上は会場に来ているわけです。一方、ペーパークイズを受けたのに結果発表の場にいないチームが結構います。
 まずは、昭和薬科大附属の中でトップのチームを発表します。昨年代表でした。今回は最も多く出場している学校からの枠は、残りの上位5チームとは別になりました。つまり決勝進出は6チームです。一方、同じ学校からは2チームまでしか決勝に出られないということが発表されました。ただし最も多く出場している学校の枠は除きます。これは画期的です。クイズ研が盛んで圧倒的な強さを誇る学校には厳しいことになります。例えば南九州だとおそらく鹿児島の決勝は鳳凰が3チームとラ・サールが2チームと、残りどこかの学校が1チームになって、鹿児島はかなりレベルの低い学校でも1チームは決勝に出られることになります。

 結果発表は今回もダブルブーブーゲートです。1列目の5チーム、ブー。その後ずっとブーが続きます。7列目でようやくファンファーレ。1チーム目の女子がピンポンです。このルールで女子が勝つか。沖縄尚学です。これは同一校2チーム制限の恩恵を受けたか。残りの女子チームはブーです。この列は4チームしかいませんでした。
 8列目、9列目がブーで、10列目がなぜか6チームいます。150チームも残っていると、並べるスタッフにもミスが生じます。ファンファーレです。1チーム目、2チーム目、3チーム目、4チーム目とブーで、5チーム目の女子がピンポン。昭和薬科です。これで決勝の女子が2チーム。6チーム目はブーです。今気づきましたが、自分と同じ学校が2チーム勝ち抜けたら、枠が残っていても敗退決定なんですね。

 この後、31回にして新色登場。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

31回沖縄大会(その6)

 昨日の新聞のテレビ欄で日本テレビの午後4時のところに「高校生レストラン・最終回直前SP『名場面クイズ』」。これは完全に見間違えます。「しまった、今日、事前番組だったのか」と一瞬思ってしまいました。

 それでは沖縄大会です。断続的に降っていた雨がようやく降らなくなりました。次は準決勝ですが、ペーパークイズです。現在150チームぐらい残っていてペーパーで5チームになるということは、今年も「東大、東大」の高校生クイズになることが確定ですね。100問を30分です。桝アナが、ペーパーは防水用紙になっていると言うと、高校生から拍手が起こります。
 これだけチームがいるので、筆記用具を配るのに時間がかかります。さらに、解答用紙にチームの番号を記入するところで、荷物を取りに行く人が大量にいます。沖縄大会は毎回、参加者が登録番号を書かれたカードを携帯しません。これは沖縄だけの特徴です。沖縄の文化か? いつも、抽選会をするところでこの事態になるのですが、今回初めてペーパークイズに影響しました。これでスタートまで20分ぐらいかかります。
 終わってから桝アナが、ペーパークイズの進出者には軽食を配っているのを言い忘れていたと言います。これは昨年までもあったのか? ○×クイズで勝つのが各県数チームの時代は弁当が出ていましたが。

 15時を回って、スリムクラブのライブです。鈴木アナも客として聞いています。給料が安いという話をします。内緒にするなら教えるって、2日前の「Oh!どや顔サミット」でやってなかったか? 某有名番組のギャラが数千円だと言います。
 ここで三好アナが空馬良樹を紹介します。吉本興業の「地元に住みます芸人」です。他の地区でも出てくるのだろうか。ネタは今ひとつです。スリムクラブも戻ってきて抽選会です。スリムクラブのサイン入りネクタイを提供します。しかもM-1の決勝でつけていたものだそうです。
 抽選会が終わった後、帰る高校生に対して、ツイッターで感想をつぶやくと海外旅行のチャンスと言っています。そんな企画があるのか。

 この後、画期的なルール変更。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »