« 18回近畿大会(その8) | トップページ | 20回和歌山のYES-NOクイズ »

2011年6月10日 (金)

18回近畿大会(その9)

 「週刊ブックレビュー」の児玉清追悼回を見ました。井上ひさしとの天国対談があります。井上の読書法を書いた本に「私もこれ、まねしようといくつも思ったこともあるんですが」。すると井上は「児玉さんもすごい本読んでらっしゃるんでしょ。逆の質問するときあるんですか」。そしてアクション入りで「『アタックチャンス』とか」。はっきり言って意味がわからないのですが、児玉について語るとき、こんなところでもアタックチャンスは出てくるということですね

 それでは18回近畿大会です。

----(ここから当時の引用)----

収録が終わったのは19時過ぎです。まだ一部の勝者インタビューをとり忘れて、
カメラは回っているようですが、歩いて津名港に戻ります。私は、このあたりでこの
くらいの時刻を迎えるような予感がしていたので、関空からの最終の飛行機を
インターネットで予約しておきました(航空券はまだ買っていない)。津名から直行
の高速船で関空に向かって飛行機に乗るのが最も早い東京への行き方でしょう。
しかも関空から羽田への最終便は40%引きの切符が買えるから、金銭的にも最も
安い。ちなみに和歌山県の高校生を帰宅させるのにも高速船を使うべきですが、
スタッフは気づいていないだろうな。と思って高速船乗り場に着くと、スタッフも
和歌山県のチームもいます。船内のテレビでは「ザ・鉄腕DASH」がかかって
いました。福澤アナが映っているテレビを見ている福澤アナを見るという、変な体験
をしてしまった。

----(ここまで)----

 当時は飛行機の特割1、特便割引1を前日に予約だけして当日に購入するのが可能だったことがわかります。

|

« 18回近畿大会(その8) | トップページ | 20回和歌山のYES-NOクイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51906495

この記事へのトラックバック一覧です: 18回近畿大会(その9):

« 18回近畿大会(その8) | トップページ | 20回和歌山のYES-NOクイズ »