« 31回沖縄大会(その2) | トップページ | 31回沖縄大会(その4) »

2011年6月28日 (火)

31回沖縄大会(その3)

 おそらく「DERO!」の影響だと思うのですが、今年度の「笑ってコラえて!」が変です。違う回で収録されたものがぐちゃぐちゃに編集されています。きっと、上の方から急に「来週は2時間スペシャルね」とか言われたりして、とりあえず放送を出さないといけない状況でそうなったのでしょう。先日の放送で、スペシャルゲストクイズで「オードリー春日」と答えて不正解になっていたのですが、その1分前まで春日はスタジオで出演していたではないか。

 それでは沖縄大会です。桝アナが「僕のことを知らない人」と言うと全員が手を上げます。「それでは10年たてばラルフ先輩のことを知っているという人は」。手を上げない人もかなりいます。鈴木アナが桝アナに東大農学部出身と言わせます。過去3代の司会者の出身大学が話題になったことはないわけで。まさに番組コンセプト上、出身大学で司会に選ばれたのかと思います。

 鈴木アナが去って、「熱き青春は燃えているかーっ!」。そして「2021年まで使うかけ声を発表します」(正しくは2020年。番組が続けば)。桝アナはすでに昨年「ボンバー」と叫んでいましたが変わるのか。新しいフレーズは「ビクトリー」。おいおい、上重アナのを奪うのか。しかも「叫べ」「ビクトリー」「青春しようぜ」「ビクトリー」「勝利をつかめ」「ビクトリー」と、掛け合いをしなければなりません。

 広報用の写真撮影をします。ここで重大な発表があります。「実は○×クイズがありません」。すでに三択の看板が運び込まれています。三択が3問出て、1問でも正解すれば2回戦進出です。ついに問題制作コストがかかるが意味のない○×が廃止されたか。私は○×が最も楽しみで予選会場に行っていたのに。勝てばくみっきーデザインのバッジがもらえます。

 この後、正解発表で番組史上初の事態。

|

« 31回沖縄大会(その2) | トップページ | 31回沖縄大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52062553

この記事へのトラックバック一覧です: 31回沖縄大会(その3):

« 31回沖縄大会(その2) | トップページ | 31回沖縄大会(その4) »