« 19回中部大会(その4) | トップページ | 19回中部大会(その6) »

2011年6月24日 (金)

19回中部大会(その5)

 今週の「週刊ダイヤモンド」は中高一貫校の特集ですが、全国の高校の大学合格力&医学部合格力のランキングで、1位になったのは昨年2位の筑波大付属駒場です。昨年1位の東大寺学園は8位に落ちました。って、昨年は東大寺学園が全国の高校の中でトップだったのか!(週刊ダイヤモンドによる) まさか、その前の年の高校生クイズを見てランキングをつけているのではないだろうな。

 それでは19回中部大会です。

----(ここから当時の引用)----

会場には大画面があります。大画面つきの車・メディアランナーを第1会場から第2
会場へ持ってきたのは史上初です。クイズのルールは、この大画面に、館内に展示
されている飛行機のある部品のアップが映ります。高校生は中に入ってインスタント
カメラでその飛行機の写真を撮ってくるのです。これって第1回の全国大会でやった
のとほぼ同じ形式ですね(このときも飛行機の格納庫が会場だった)。なつかしい。
早く正解の飛行機を撮ってきた4チームが解答席につくことができます(3分以内に
4チーム正解できなくてもそこまで)。前回の北海道の解答席20から一転して数が
少ない。この4チームに順番に一問一答の問題が出されて、1ポイントとれば勝ち
抜けです。

このクイズを見ていて思ったのは、頭の悪いチームはいくらやってもダメなものは
ダメということです。なぜか写真を撮ってくるのは早くて何回も解答席につくのです
が、いくら簡単な問題を出されても答えられないチームがいくつかあります。見て
いるこちらが腹が立ってきます。こういうチームがたまたま勝っても、後で番組進行
上迷惑になるから、早く消えてもらった方がいいかもしれません。すぐ終わるかと
思われたクイズですが、北海道と対照的に、映像問題を相当数使いました。1チーム
も勝ち抜けられないというセットもいくつかありました。

こうして各県2チームが決まりました。決勝のセットは敷地の入口の前につくられて
います。通常なら準決勝が終わった時点で敗退チームは帰されるのですが、今回は
場所と観光バスの都合で、決勝まで終わってから準決勝進出チームすべてをまとめて
帰すようです。スタッフ上層部のディレクターが、負けたチームの全員に缶ジュース
をおごっています。

----(ここまで)----

 第1回の全国大会でやったクイズって、飛行機のコックピットの中に設置してある鉛筆削りを探したりするのですが、今は操縦席のところに入るとか撮影自体が認められないかな。

|

« 19回中部大会(その4) | トップページ | 19回中部大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/52032522

この記事へのトラックバック一覧です: 19回中部大会(その5):

« 19回中部大会(その4) | トップページ | 19回中部大会(その6) »