« 日本人の質問(その55) | トップページ | 22回北海道大会(その2) »

2011年5月 7日 (土)

22回北海道大会(その1)

 今日、テレビ朝日では、雑学王とプレッシャーSTUDYを合わせてクイズばかり5時間も再放送していました。その中で、あさっての雑学王の予告がありますが、最近始まった雑-1グランプリで、「サッカーの歴史的珍事件の真相を土田が明かす」。それって「オレたち!クイズマン」でやったことそのままじゃないのか。今まで気づかなかったが、そんなところからパクった企画だったのか。

 それでは今回は22回北海道大会です。理由は、数日前に当ブログで22回北海道のリポートを検索しようとした形跡があったからです。

----(ここから当時の引用)----

九州大会の2日後が北海道大会です。予選の前日には準備がありますから、スタッフ
は福岡で泊まって直接北海道に向かってリハーサルなどをしなければなりません。
それは私も同じこと。ただ、私は九州大会と北海道大会の間の日は何もすることが
ないので、昼ごろの飛行機に乗りました。朝早く福岡空港にいた人の証言によると、
「鈴木崇司さま、早くお越しください」と放送されていたらしい。

福岡から札幌までの飛行機は、この時期でもあり何の割引もなく、5万円近く
します。本当のところ、東京に行って翌朝、改めて札幌へ飛行機で向かった方が、
合計の航空運賃は安くなると思います(こちらは普通運賃よりかなり安くなるので)
し、宿泊代も浮くのですが、せっかくだから九州から北海道へ直接行くというのを
やってみたい。普段の生活ではあり得ない行動です。しょっちゅう旅行をしていて
不感症になっている私も、さすがにこの移動には旅気分が出ました。さっきまで自分
の周りにいるのはみんな九州の人だったのに、今ここにいるのは北海道の人なんだよ
な。

8月2日、札幌の宿から地下鉄に乗って、新道東駅に向かいます。ここから北海道
大会の会場のモエレ沼公園へのシャトルバスが出ています。高校生でいっぱいです。
私もこれに乗ろうと思いましたが、たまたま、モエレ沼公園の入口のところを通る
普通の路線バスが出るところでしたので、こちらで行くことにします。さすがに参加
の高校生に混じるのは恥ずかしい年齢です。すると私の乗ったバスには、丘珠高校と
思われる、学生服を着た大勢の高校生が乗っています。後ろのシャトルバスの方に
向かって「クイズ頑張ってね~」などと、バカにしたような言い方をしています。
高校生をやっているのに高校生クイズに出ないなんて、私には信じられませんが。
「アメリカに行きたいかあ」「今年はオーストラリアだろ」。驚きました。そもそも
高校生クイズに出る気さえない高校生まで、今年の全国大会がオーストラリアである
ことを知っているのです。そんなに広報がうまくいっているとは。

----(ここまで)----

 今は、高校生をやっているのに高校生クイズに出ないことも、私には信じられます。

|

« 日本人の質問(その55) | トップページ | 22回北海道大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51606968

この記事へのトラックバック一覧です: 22回北海道大会(その1):

« 日本人の質問(その55) | トップページ | 22回北海道大会(その2) »