« 阪堺縦断ウルトラクイズ(その6) | トップページ | 日本人の質問(その56) »

2011年5月23日 (月)

阪堺縦断ウルトラクイズ(その7)

 昨日テレビ朝日で「MAXブレイン」というクイズをやっていました。単発で予算もなさそうな枠ですが演出がよくできています。司会の大熊アナウンサーが「慎重かつ大胆に」と言っていましたが、これって追悼か?

 それではウルトラクイズです。堺市役所の展望室に上がったら、すでに決勝が始まっていました。準々決勝と準決勝は移動しながらのクイズなので時間のロスがありませんでした。まだ20人以上残っています。確かホームページでは、決勝に行けるのは2人と書いていなかったっけ。
 最後まで徹底して○×クイズしかやりません。少しずつ失格者が出ます。子守は「今なら変えてもいい」とかいろいろ誘導するのですが、これは決勝がある程度の問題数になって盛り上がるようにするためだと明言します。
 最後の5人ぐらいになって全然分かれなくなったので、ようやく○×のプレートが登場しました。それがあるなら最初から使えばいいのに。これを使うとあっという間にクイズが終わってしまうのでしょうが。

 ついに2人になりました。ここで出た問題が、堺市の有名な手作り線香の店、薫主堂が、「関西テレビ『よ~いドン!』の『となりの人間国宝』に認定されていない」。これまで歴史とか文化とかさんざん出してきて、最後がそれかよ。となりの人間国宝さんは、あの時間帯にテレビを見ていなかった視聴者を相当掘り起こしたと思います。この問題で分かれて、優勝が決定しました。優勝者はビリケンのかぶりものみたいなのをもらっていました。
 私が見たところ、クイズマニアっぽい人はいませんでした。マニアがでても、あの○×クイズで正解し続けるのは難しいでしょう。

|

« 阪堺縦断ウルトラクイズ(その6) | トップページ | 日本人の質問(その56) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51748276

この記事へのトラックバック一覧です: 阪堺縦断ウルトラクイズ(その7):

« 阪堺縦断ウルトラクイズ(その6) | トップページ | 日本人の質問(その56) »