« 阪堺縦断ウルトラクイズ(その1) | トップページ | 阪堺縦断ウルトラクイズ(その3) »

2011年5月18日 (水)

阪堺縦断ウルトラクイズ(その2)

 今夜、「熱中スタジアム」の再放送を見ました。「天才バカボン」がどんどん実験的な漫画になっていくところをやっていました。ふきだしの中に絵を描いて、登場人物はすべて文字で表現という回があります。よく読むと、絵で描けないような特殊なポーズを文字にしていることがわかります。そして後半で「ハダカのキャロルとハダカのかまやつひろしとハダカの内田裕也とハダカの悠木千帆が見物している」。このご時世、NHKでこれを放送するか。まあ、何十年も前からこの2人がロックとみられていたことはわかりました(悠木千帆=樹木希林)。
 
 それではウルトラクイズです。1問目こそ全員不正解ですが、次からは全員正解が続きます。問題は大阪のミナミに関することや南海電鉄に関することです。最初の方は正解がずっと×です。レベルの低いところが○×を作ると、1問目だけ×であとは○ばかりになりますが、この点でもかなり練られています。
 5問目ぐらいで勝負をかけて反対の答えに行ったのが数人いて、初めて敗者が出ます。ちなみに敗者になると今後のクイズについてくることはできませんが、私はクイズとは無関係なストーカーなので、いくらでも見に行けます。
 10問目ぐらいでまたちょっと落ちたら、これで第1ラウンドは終了になりました。結局ほとんどの人が勝ち残っています。これでも前回より厳しくなっているらしい。
 
 次の会場が今宮戎と発表されます。高校生クイズについて行くのと違って楽です。参加者は乗る電車の時刻も指定されています。

|

« 阪堺縦断ウルトラクイズ(その1) | トップページ | 阪堺縦断ウルトラクイズ(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51707006

この記事へのトラックバック一覧です: 阪堺縦断ウルトラクイズ(その2):

« 阪堺縦断ウルトラクイズ(その1) | トップページ | 阪堺縦断ウルトラクイズ(その3) »