« 凡人向けの事前番組(その3) | トップページ | 凡人向けの事前番組(その5) »

2011年4月27日 (水)

凡人向けの事前番組(その4)

 昨夜の「ミッションV6」は、二択クイズに6問連続正解できるかというので、本当に番組全編で、ただただ雑学クイズが出題され続けただけでした。出演がV6だと、あれでも企画として成立するのか。出演料以外、予算がほとんどかかっていません。

 それでは事前番組です。タオルだけでなく、1回戦で勝ったときにもらえる缶バッジを舟山久美子がデザインします。この缶バッジがあるということは、○×クイズは昨年と同じなのだろうか。バッジをどうアレンジするかという話です。デザインのイメージはレアっぽくと言っています。ここでCMです。そして舟山が原画を見せます。関東大会と近畿大会には舟山が来るそうです。最近になって、実は読売テレビは重視されているということに気づいてきました。

 突撃!ハイスクールです。水樹奈々が目黒の日出(ひので)高校というところに行きます。今年は「メインパーソナリティ」がいなくて、事実上水樹がその役割をしそうですね。芸能コースなどがあって、多くのタレントを輩出しています。しかし生徒の反応が悪くて、水樹が話そうとしても逃げていきます。それで、授業中の教室に入り込みます。クイズ王子とクイズ姫を紹介してもらいます。するとウエンツ瑛士と前田敦子に似ている人がいるそうです。ここでCMです。
 水樹が○×クイズを出します。「NARUTOの主人公は忍者である」。水樹はNARUTOに出演しています。「みんなその場でQRコードから参加登録してくれました」というナレーションです。巨大なQRコードが描かれたパネルを用意していました。
 続いて生徒会に行きます。太った女子がクイズ姫だそうです。今度は早押しの問題を出します。さらに吹奏楽部にハリーポッターがいると言われて行くと、また太った男子です。

 番組開始から43分、「高校生クイズ検定」というコーナーが始まりました。これは明らかに、この番組を60分バージョンで放送する局でカットするために存在しています。
 この後、あの映像は放送できないのか。

|

« 凡人向けの事前番組(その3) | トップページ | 凡人向けの事前番組(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51511669

この記事へのトラックバック一覧です: 凡人向けの事前番組(その4):

« 凡人向けの事前番組(その3) | トップページ | 凡人向けの事前番組(その5) »