« 22回東北大会(その9) | トップページ | 東大がすべての事前番組(その1) »

2011年4月17日 (日)

22回東北大会(その10)

 今年の大会の情報がちょこちょことkouQハッシュタグから出ています。これにより少しずつ、地区の範囲が確定しています。このことと、鳥取と島根、岡山と香川、福岡と佐賀が分割できないという条件を考え合わせると、28地区分けはこうか。
 北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、新潟、富山、石川、福井、関東、山梨、長野、静岡、中部、近畿、山陰(鳥取、島根)、瀬戸内(岡山、香川)、広島、山口、愛媛、徳島、高知、北九州(福岡、大分、佐賀)、長崎、南九州、沖縄

 それでは22回東北大会です。

----(ここから当時の引用)----

決勝には女子が何チームか残っていますが、勝てません。どうも女子チームの方が
やり方が下手です。2人で胴体を切っているとき、もう1人が上から押さえる。これ
では切りにくくなります。結局、東北の代表6チームはすべて男子です。この前の
関東も9チームすべてが男子という異様な状態でした。今年は最初こそ女子が
目立ったものの、ここまでの比率ではものすごく少ない。ここまで30チームのうち
(ニューヨーク予選も含む)、女子は2チームしかいません。その代わり男女混成が
すでに4チームです。男女混成で全国大会に出るのは必ず2チームという、第1回
から続く不思議な伝統がありますが、今年は異例です。

終わったのは7時を回っています。弘前だとか釜石だとか、帰るのが極めて厳しそう
なチームが決勝にはいます。終わった県からどんどん帰して、表彰式はできません。

このとき使ったマグロの頭を、番組の公式ホームページでプレゼントしていました。
ところで、仙台駅に戻って新幹線に乗ろうとしたら、売店に鈴木アナがいるのを発見
しました。そしてその手には、あの巨大マグロの頭が…。ラルフももらって帰った
ようです。なお、私の新幹線の指定席は、もとビュッフェがあって座席が半分ぐらい
しかない車両に当たって、しかもそこをのぞいたら、全席、スタッフが座っています。
どうしてこんなところに当たるのか。乗るわけにはいかないので指定券を放棄して
自由席に移りました。

----(ここまで)----

 「帰るのが極めて厳しそう」どころか、釜石線は復旧したものの、夏までに三陸から予選会場へ行く交通は整備されるのでしょうか。宮城大会や岩手大会はなるべく遅くするのかな。

|

« 22回東北大会(その9) | トップページ | 東大がすべての事前番組(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51409792

この記事へのトラックバック一覧です: 22回東北大会(その10):

» 四国中央市で道路へ水を撒くお婆さん [迷惑情報ネット]
他人へ迷惑をかけている情報をお伝えします。 [続きを読む]

受信: 2011年4月21日 (木) 09時06分

« 22回東北大会(その9) | トップページ | 東大がすべての事前番組(その1) »