« 凡人向けの事前番組(その2) | トップページ | 凡人向けの事前番組(その4) »

2011年4月26日 (火)

凡人向けの事前番組(その3)

 地区大会についての情報がダラダラと公式ツイッターで流れてきています。鳥取と島根、岡山と香川を分割することが明らかになった(1つの放送局に2回予選をやらせるのか)一方で、広島と山口は分割されません(山口放送には予選をやらせないのか)。結局、三大都市圏以外はすべて県別になるところ、なぜか九州と元九州のみが前年と同じということになりました。佐賀の参加者数は大丈夫か?

 それでは事前番組です。中部のアンジャッシュが、会場からお題のリクエストを受けてショートコントをやるところです。現場で見ていると、既存の持ちネタにいかにお題をあてはめるかという打ち合わせをしていました。次は富山のハライチで、これも会場のリクエストで「富山なヤーツ」「はみ出るヤーツ」をやります。これらも、高校生のむちゃぶりに応えるという意味です。
 続いては新潟のパンクブーブーとCOWCOWのライブです。そして福井の響で、ネタとともにセーラー服をプレゼントするところを放送します。またナレーションで、ときには芸人からこんなプレゼントをもらえることもと言います。

 CMをはさんで、参加するともらえる番組グッズについて。タオルを「Popteen」とコラボするそうです。高校生モデルたちのアイデアを取り入れます。
 辻岡アナが編集部で打ち合わせです。過去のタオルを見せると、デザインを否定されます。なんかモデルたちが高校生クイズそのものをバカにしているように感じられてしまいます。そして今回のデザインを考える過程を放送して、でき上がりを見せます。意外にいい。
 この後、この人にそんなことをさせるのか。

|

« 凡人向けの事前番組(その2) | トップページ | 凡人向けの事前番組(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51501191

この記事へのトラックバック一覧です: 凡人向けの事前番組(その3):

« 凡人向けの事前番組(その2) | トップページ | 凡人向けの事前番組(その4) »