« 東大がすべての事前番組(その3) | トップページ | 日本人の質問(その53) »

2011年4月21日 (木)

東大がすべての事前番組(その4)

 「アルクメデス」がゴールデンウィークに新作を放送するようですね。この時期は震災後休んでいた番組がまとめて復活するようですが、枠は大丈夫かな。

 それでは事前番組です。浦和の人の合格発表、結果は不合格です。2位じゃだめなんですとか大学で遊んでも意味がないから東大に行くとか言っても、結局東大に入れるか決めるのは向こう側だという世の中の現実を知るのはいいことだと思います。就職のときになればもっと出てきます。親に不合格の電話をするところまで撮影しています。展望室へ戻って、柴田が泣いています。河合塾の人が「来年受かるでしょうね」と無責任な発言をします。

 次は旭川東の人です。この人は文1です。ここでCMをはさんで、合格です。早稲田に入ったチームメイトから電話がかかってきます。いったん展望室に戻って、今度は太田の人です。と、ここで地震速報が画面にかぶります。この人は理1で不合格。「東大の壁は高かった」というナレーションです。続いてラ・サールの人。また地震速報がかぶります。文1です。CMをまたぎます。合格です。

 展望室に戻って、改めて開成の人についてVTRを振ります。CMが入ります。理1です。合格です。これで番組として成立しました。母に電話です。「なんだかんだやてくれてありがとうございました」。
 展望室から「彼らの門出をご覧いただこうと思います」。合格者が東大で再開するところを取材しています。東大寺学園の人も来て、一昨年の久留米大附設で浪人していた人も来ます。

 東大に合格したことで、今年も「東大生になった」と番組に出演させ続けることができるわけですね。

|

« 東大がすべての事前番組(その3) | トップページ | 日本人の質問(その53) »

コメント

旭川東が29回で東大寺に善戦・30回で洛南に勝利・そして東大合格…。それだけ旭川東は無名且つ偏差値が70に満たないながら進学校に勝利可能・および東大に進めるほどの潜在能力を秘めた生徒が多いってことでしょうか…。公立ではある意味、浦和より凄い存在かも…。長文、失礼しました。

投稿: | 2011年4月22日 (金) 22時28分

確かに旭川東は、クイズ研究会のメンバーの上位だと、例年学力もあってだね・・・。

投稿: jso | 2012年10月 7日 (日) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51455448

この記事へのトラックバック一覧です: 東大がすべての事前番組(その4):

« 東大がすべての事前番組(その3) | トップページ | 日本人の質問(その53) »