« 22回東北大会(その5) | トップページ | 22回東北大会(その7) »

2011年4月13日 (水)

22回東北大会(その6)

 昨夜から「ゴレンタン」のレギュラー放送が始まりましたが、1問目はグラビアアイドルのウエストが公称と違っている値が大きい順を当てるというものです。この前他局で見たばかりではないか。その番組についても別の番組のネタをパクっていると書きましたし、さらにその番組についても他局をパクりまくっていると書きました。どのバラエティーも、お互いパクり合って作っているんですね。

 それでは22回東北大会です。

----(ここから当時の引用)----

準々決勝です。問題が出てからムカデ競争で解答権を争うのではなく、ムカデ競争に
勝ったチームに問題が出るということですから、だいたい、何度繰り返しても同じ
ところが勝ちます。ムカデ競争だけの勝負なら、もともとうまいグループがいつも
うまいからです。先日の北陸の大縄跳びがその典型です。常に8回のグループと常に
0回のグループ。こういうのは見ていておもしろくありません。それでも、9つの
グループのうちのかなりに少しずつ点が入ってきました。8ラウンド目ぐらいだった
と思いますが、すでに3グループが勝ち抜けています。ここで1位になったグループ
は、すでにほぼ勝ち抜けを手中におさめているポイント数です。そして2位は、ここ
までほとんどチャンスがなくて1ポイントしかとっていませんでした。問題のテーマ
は星座です。「夏の大三角形の一つであるアルタイルは何座にある?」といったよう
な問題が続きます。ところが、1位のグループはまったく答えられません。すべて
不正解です。それなのに、ダブルチャンスで解答権が回ってくる2位のグループは
全部正解します。なんと大逆転でこちらのグループが勝利を手にしました。グループ
分けは当然、抽選のはずですが、どうして一方のグループには星座のことを知って
いるチームが1つもなくて、もう一方のグループは全部のチームが星座のことを
知っているのか。実に不思議です。これを見ただけで、このクイズは大成功でした。

----(ここまで)----

 17回の準決勝は、体力ゲームに勝った方だけがクイズに答えられるというパターンがよくありましたが、これで全部一方が勝って、もう一方はクイズに答えるチャンスがないまま負けたということがありました。これをもっと推し進めたのが23回ともいえます。

|

« 22回東北大会(その5) | トップページ | 22回東北大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51376682

この記事へのトラックバック一覧です: 22回東北大会(その6):

« 22回東北大会(その5) | トップページ | 22回東北大会(その7) »