« 22回東北大会(その6) | トップページ | 22回東北大会(その8) »

2011年4月14日 (木)

22回東北大会(その7)

 スカイマークが、新しく開設する成田-那覇線などで一部の席を980円にするということが報道されましたね。しかしよく見たら、その路線ができるのは11月なのか。なんだ、使えないじゃないか。何に?

 それでは22回東北大会です。

----(ここから当時の引用)----

我々は、星座の問題が出ている最中から少しずつ会場を離れます。急いで次に向かわ
なければなりません。どうせ準決勝は移動のバスの中で見られないと思われます
ので、あとは決勝だけです。泉中央駅から地下鉄で仙台へ。あおば通駅から仙石線に
乗り換えます。勝者やスタッフの乗るバスは直線で行けますが、どうやら渋滞に巻き
込まれそうなので、なんとか間に合うのではないでしょうか。公共交通機関で移動
するのは中国大会以来で久しぶりです。最近、車に乗って見に来る仲間が多いので。

本塩釜で降りました。決勝の会場は、ここから海に向かって歩いたところにある、
マリンゲート塩釜というところです。考えてみると、東北大会で海に面したところで
決勝をやるのはものすごく久しぶりです。第5回の松島以来。このマリンゲートは
どうやら自治体のきも入りで作られているらしく、塩竃の港に隣接した大きな建物に
みやげ物エリアや海産物のレストランなどが入っています。

建物をくぐって、漁港に出ると、決勝のセットがあるのが確認できました。我々は
急いで来ましたが、どうも早すぎたようで、高校生がなかなか到着せず待たされ
ます。屋上のところに上がってみると、ブーブーゲートと思われるものがあります。
バスの中で準決勝をやって、その結果発表をここでやるということですね。しかし
このブーブーゲート、なぜか3台並んでいます。いったいどういう意味があるのか。

----(ここまで)----

 マリンゲート塩釜は現在、一般人は立ち入り禁止になっているようです。

|

« 22回東北大会(その6) | トップページ | 22回東北大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51382644

この記事へのトラックバック一覧です: 22回東北大会(その7):

« 22回東北大会(その6) | トップページ | 22回東北大会(その8) »