« 東大がすべての事前番組(その2) | トップページ | 東大がすべての事前番組(その4) »

2011年4月20日 (水)

東大がすべての事前番組(その3)

 「ゴレンタン」ですけど、1回目は解答者に宮崎哲弥がいて、2回目は勝谷誠彦がいます。ここは「そこまで言って委員会」か。番組全体があまりにふわふわした感じなので引き締めているのか。浮いています。だいたい、宮崎はクイズ番組には絶対に出ないと言っていたと思うのですが。

 それでは事前番組です。展望室に戻って、河合塾の人のコメント。東大受験は「団体戦」なので、同じ学校からたくさん受けるとモチベーションが上がると言います。つまり旭川東には不利ということです。

 今度はラ・サールの人です。27回で優勝、29回で準優勝だが、昨年は「その他の名門校や旭川東に敗れ、まさかの1回戦負け」。つまりこのナレーションでも、旭川東は名門校ではないという立場を徹底させているのです。
 挫折を力に変え、毎日13時間机に向かい続けるというナレーションです。合格発表前日に、すでに入学している29回のメンバーに会います。

 ここでCM。出場者には海外旅行が当たるチャンスがあるそうです。クイズで優勝したチームに海外旅行を出す一方、最初から頭が悪くて絶対にクイズで勝てないチームには運で海外旅行を出すということですね。

 次は太田高校の人です。全国大会で会ったメンバーがみんな東大志望で、切磋琢磨したいと思ったので東大を受けることにしたそうです。一足早く慶応に合格しました。東大の受験前日の下見で、開成の人に偶然会います。
 次の映像は、合格発表1時間前に掲示板がトラックで運ばれてくるところです。

 いったん展望室に戻ってから、やっと結果発表です。まずは浦和の「2位じゃだめなんですよ」の人です。受験番号が画面に出て、掲示板を上から映していきます。受験番号を見れば、この人が理2を受けていることがわかります。
 この後、連続地震速報。

|

« 東大がすべての事前番組(その2) | トップページ | 東大がすべての事前番組(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51441758

この記事へのトラックバック一覧です: 東大がすべての事前番組(その3):

« 東大がすべての事前番組(その2) | トップページ | 東大がすべての事前番組(その4) »