« 関西ローカルの人が活躍 | トップページ | 凡人向けの事前番組(その2) »

2011年4月24日 (日)

凡人向けの事前番組(その1)

 高校生クイズ事前番組の前にやっていた「クイズ あなたは小学5年生より賢いの?」。司会はラルフでしたが、アメリカで作られて世界40カ国以上で放送されているクイズ番組がついに日本上陸だそうです。しかしこんな内容のクイズ番組は、すでに日本のあらゆる局が作っています。単なるパクリ番組にしか見えません。つまり、テレビのバラエティでは、日本は圧倒的に世界の最先端を走っているということだろうか。

 それでは事前番組第2弾です。最初は過去3人の司会の映像が出ます。そして桝アナがボンバーと叫んでいるところです。叫び声はボンバーで決まりなのか?
 桝アナが新司会の初仕事として、今年の応援ソングを歌う人のところへ行きます。ついたての向こうでその人が、自分で声を変えています。シングルを24枚出して、オリコン1位になったこともあるというヒントを言います。いったい誰なのでしょうか。というしょうもないことを言うのはやめて、水樹奈々の生ライブを見られるかもというナレーションですが、28地区のうち4地区ぐらいしか来ないんじゃないの? そして「数々の人気芸能人と触れ合えるチャンスも」。さらに参加するともらえるオリジナルグッズをPopteenとコラボでくみっきーだとか、突撃!ハイスクールの予告です。先週の番組とは一転、頭の悪い高校生にいかに頭数として出てもらうかという番組です。

 長いタイトルが出て、桝アナが水樹奈々に今年の高校生クイズの魅力を説明するそうです。まず優勝すると海外旅行+3000ドル。さらに参加するだけで海外旅行のチャンスということで、昨年当たった鳳凰高校の女子チームに電話します。ちなみにまだ行っていないそうです。電話で桝アナが今年は水樹奈々が歌うと言うと、電話口の向こうでいきなり「わーっ!」。
 全国28会場でイベントが行われます。ここで映った日本地図に開催都市がプロットされているので、ブロック分けがわかります。
 この後、ロンドンハーツ。

|

« 関西ローカルの人が活躍 | トップページ | 凡人向けの事前番組(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51486670

この記事へのトラックバック一覧です: 凡人向けの事前番組(その1):

« 関西ローカルの人が活躍 | トップページ | 凡人向けの事前番組(その2) »