« 23回東京大会(その9) | トップページ | どうでもいい話? »

2011年4月 2日 (土)

23回東京大会(その10)

 「ZIP!」の番組ロゴって、どうしてあんなのなんでしょうね。私は「空から日本を見てみよう」かと思ってしまいました。

 それでは23回東京大会です。

----(ここから当時の引用)----

まずはガッツの決勝が行われる模様です。もはや本当にすき間からのぞくような感じ
なので全体像がわかりませんが、ルールは、カナを書いたボールが大量にばらまかれ
ていて、問題が出ると、その正解を示すボールを全部拾ってくる(例えば正解が
アザラシならアとザとラとシのように)というもののようです。後で聞いた話では、
爆笑問題がボールをノックしていて、さらに周囲に「爆笑軍団」というユニホームを
着た人たちがいてボールを投げていたそうです。おそらく2ポイント先取で、2
チームが決勝大会に進出できます。札幌大会では各コースの決勝で勝ったチームが
総合決勝をやって1チームにしましたが、東京大会は敗者復活で4チームが決勝大会
に進むことになるので、やり方が違います。ガッツだけ2チームでパワーとバランス
が1チームなのは、もともと他のコースに自信がなくてガッツを選ぶチームが多い
ので不公平ではありません。札幌でも総合決勝に進めるのはガッツだけ2チーム
でした。

次はバランスの決勝です。これは札幌と同じルールです。4チームから1チームに
なります。もう夜8時ぐらいになっています。女子高生がたびたび通りかかります。
我々が入口に張りついているのを見て中をのぞいて一様に「えーっ! まだやってる
の?」と驚きます。みんなとっくに負けて遊び回っていた人たちだったのです。

----(ここまで)----

 この、ボールを使ったルールは東京大会だけでした。全国放送ではこのクイズが放送されていて、ちゃんとクイズで勝者を選んだように見せかけていました。

|

« 23回東京大会(その9) | トップページ | どうでもいい話? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51284082

この記事へのトラックバック一覧です: 23回東京大会(その10):

« 23回東京大会(その9) | トップページ | どうでもいい話? »