« 日本人の質問(その52) | トップページ | 22回東北大会(その2) »

2011年4月 8日 (金)

22回東北大会(その1)

 先日、マクドナルドに入ったら、バリューセットのドリンクをコカコーラzeroにしている人がいました。すると仲間らが「ゼ~ロ~」とあのメロディーで。あの番組のテーマ曲はそこまで知られているのか。

 それでは今回は、今年は決して行けないであろう場所で決勝をやった22回東北大会です。

----(ここから当時の引用)----

7月25日の東北大会は、今年初めての平日の予選です。言い換えると「スポーツ
うるぐす」を気にする必要がありません。今年は偶数回だから会場は仙台。また
七北田公園です。他の予選は10時スタートですが、ここは10時半です。東北各地
から来るのにはそれだけ交通の便が悪いということか。それとも決勝会場への移動が
小さい? 10時前に会場に着いて、今後の移動について調べたら、一瞬でわかり
ました。ミヤギテレビのときはいつも苦労するので珍しい。ところが、私の同類の人
たちに会うと、早朝からずっと探しているのに全然わからないということです。これ
こそ、以前にも書いた、状況は常に変わっているから、一度行って何もないところ
でも、後でまた行くと会場の情報がわかるというのの典型です。

今回はセットの後ろに火山が作られています。鈴木アナが登場しました。第1問を
出す前に、宮城は日本で初めて黄金が発見されたところだとして、黄金伝説といった
話をさんざんします。そして「黄金クイズです」と言って第1問を発表します。
しかし、問題文に黄金という言葉は出てくるものの、問題の本質には一切関係なく、
完全にただの小学校の算数の問題です。ご当地クイズのネタがなくて苦しい問題文
になるのは「四国で綱引き」や「北陸名物のカニ缶」も同じですが、ここまで問題の
本質と関係ないのは珍しい。ところで、高校生には受付のときにロープが渡されて
いたことがわかりました。これを使って考えろという意味のようです。それにしても
この問題、歴代の高校生クイズの第1問で一、二を争う簡単さです。小学生が知識で
答えられる問題です。本当にこれで失格してくれるチームがあるのか?

----(ここまで)----

 このときの第1問は、周囲が同じ長さなら正方形の方が円より面積が広いというものです。逆に今年ならこういう問題ばかり出して、東大に入れるチームを誤って落とさないようにすることは考えられます。

|

« 日本人の質問(その52) | トップページ | 22回東北大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51337328

この記事へのトラックバック一覧です: 22回東北大会(その1):

« 日本人の質問(その52) | トップページ | 22回東北大会(その2) »