« 23回東京大会(その5) | トップページ | 23回東京大会(その7) »

2011年3月29日 (火)

23回東京大会(その6)

 「土曜スペシャル」のローカル路線バス乗り継ぎ旅、今回は久々に演出を高校生クイズの総合演出がやっていました。それにしても、今回のルートが前回や前々回だったら、完全に放送できなくなっていましたね。

 それではそのスタッフがかかわっていない23回東京大会です。

----(ここから当時の引用)----

当然、我々の中には、参加者の知り合いがいる人もいるので、携帯電話でドーム内の
情報が入ってきます。それによると、三択は5ポイント先取で5チームが決勝進出だ
そうです。5ポイント先取で50チームから5チームということは、事実上1問でも
間違えたら終わりということですね。これでは企画の意味がありません。

続いて決勝の早押しクイズが行われています。3ポイント先取でしょう。しかし同じ
チームが3問正解しても続いています。5ポイント取ったところで終わりになって
いました。しかし、その後入った情報で、実は3分間タイムレースだったことが
わかりました。たまたま5点目を取ったときに3分たっていたのです。とにかく、
クイズで決勝大会に出るのはこの地区も1チームです。東京大会のチーム数から
クイズで1チームだけ選ぶというのはけっこうすごい企画です。この時点で午後4時
になりました。しかし今年の高校生クイズは、ここからが本当の収録開始なのです。

いったいいつまでかかるのか。しかも、敗者復活戦が始まるのかと思ったら、これ
からそんなことをするのか? このあたりについては、番組のホームページにも批判
が多数寄せられたようで、鈴木アナ自身のコメントとして、指摘は真摯に受け止めて
来年以降の企画に生かすというような書き込みがありました。来年あるのかどうかと
いうことはさておき、これに関しては次回。

----(ここまで)----

 この年は、こんなに時間をかけてクイズで1チームだけ選んだ後で、敗者復活戦と称して予選を一からやり直すようなことをやって(参加者はずっと帰れない)、しかもクイズではないことで選んで、番組ホームページの掲示板が炎上したのでした。翌年は上記のスタッフが帰ってくることで、一見同じでありながらクイズができないと勝てないようなルールに変わりました。

|

« 23回東京大会(その5) | トップページ | 23回東京大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51243270

この記事へのトラックバック一覧です: 23回東京大会(その6):

« 23回東京大会(その5) | トップページ | 23回東京大会(その7) »