« 23回東京大会(その4) | トップページ | 23回東京大会(その5) »

2011年3月27日 (日)

23回東京の○×クイズ

 昨夜の「SmaSTATION」はマナーについてやっていました。私は見ていないのですが、この番組に関するツイートを読んでいたら、先日のエコノミクス甲子園で間違いとされていたことが正しいビジネスマナーになっていたのがあったようです。だからこういうあいまいなものをクイズにしてはいけないんだって。

 それでは突然ですが、23回東京大会の○×クイズです。私は入れませんでしたが、2ちゃんねるかどこかに流れていました。

----(ここから)----

NO.1 松井がメジャー第1号満塁ホームランを打ったときにダイヤモンドを一周するのに要した歩数は、
     ヤンキースの先輩ベーブルースの年間本塁打数より多い。
NO.2 爆笑問題がコンビを結成し、東京ドームが完成した1988年にヤンキース松井はすでに”ゴジラ”
     の愛称で呼ばれていた。
NO.3 日本人の手の指5本の中で爪が1番早く伸びるのはよく使う人差し指である。
NO.4 東京の「羽田」は飛行場があったことにちなんでつけられた名前である。
NO.5 一斉に横断できるスクランブル交差点。日本で初めて導入されたのは東京である。
NO.6 NTTのテレホンサービス「天気予報」と「時報」。サービス開始が早かったのは時報である。
NO.7 東京タワーのてっぺんから落ちてくるアリは転落死しない。
NO.8 夢を見ているときは絶対にいびきはかかない。
NO.9 星座を88に分けるようになったのは昭和になってからである。
NO.10 数字の1から100までを英語で書くと1度も登場しないアルファベットがある。
NO.11 オランウータンはオランウータン科ですが、ゴリラはゴリラ科である。
NO.12 日本初の国際電話。つながった先はハワイである。

解答
NO.1 ○
     ベーブルースの年間最多本塁打は60本。松井の一周の歩数は61歩。
NO.2 ×
     松井は1988年当時中学生で、「まっちゃん」と呼ばれていた。ゴジラと初めて
     呼ばれたのは高校生のとき。
NO.3 ×
     一番早く伸びるのは親指。
NO.4 ×
     住んでいた羽田さんにちなむなど諸説あるが、江戸時代から使われていた地名。
NO.5 ○
     日本初は熊本県。東京はその3年後。
NO.6 ×
     天気予報が昭和29年、時報が昭和30年。
NO.7 ○
     アリは10センチ以上の高いところならいくら高くても衝撃は変わらない。
NO.8 ×
     夢を見ているいないはいびきには関係ない。
NO.9 ○
     88星座になったのは1928年(昭和3年)の国際天文学連合から。
NO.10 ○
     登場しないアルファベットはABCGKMPQZの9種類もある。
NO.11 ×
     ゴリラもオランウータン科。ちなみにオランウータン科はチンパンジー、ボノボ、
     オランウータン、ゴリラの4種類。
NO.12 ×
     日本初の国際電話は東京とフィリピンのマニラ。

----(ここまで)----

 松井にゴジラと名付けたのはスポニチか何かの記者ですよね。

|

« 23回東京大会(その4) | トップページ | 23回東京大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51228975

この記事へのトラックバック一覧です: 23回東京の○×クイズ:

« 23回東京大会(その4) | トップページ | 23回東京大会(その5) »