« 第5回エコ甲全国大会(その27) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その29) »

2011年3月12日 (土)

第5回エコ甲全国大会(その28)

 私は今、地震の影響のない地域にいるので、まったく実感がないのですが、ツイッターを見ていると、自動販売機が金を入れなくても飲み物が出るようになっていたといった書き込みがありました。これまで雑学番組でさんざん紹介されてきた機能がついに実運用されたのか。

 それではエコノミクス甲子園です。全国大会決勝の19問目。正解は経済財政諮問会議ですが、正解したのは灘だけ。もうこれを書くのも飽きました。普通預金を選んで世界情勢カードはロシアで金鉱発見です。金のみマイナス40%で他は変化なしです。
 ラストの20問目は早押しです。私はこの経済用語は知りませんでした。今さら正解したのが金大附属。選んだのは、世界同時和平が達成されて世界政府ができるというものです。私が不思議だったのは、灘以外の3チームがほとんど0ポイントで灘だけ独走の状態が続いていたのに、どの資産も増えそうなこのカードを灘が意地でも選ばなかったことです。結局、最後にこれが選ばれてオチのようになりました。資産の増減は、普通預金が変化なし、株はプラス10%、ドル預金はマイナス20%、金はマイナス30%。有事に強い資産は意外と減るのでした。金大附属は自分の資産を増やせていません。

 各チームの資産の合計は、甲府南が1879万円、金大附属が600万円、岐阜が2349万円、灘が6128万円です。これまでの優勝校はラ・サール、開成、東大寺学園、ラ・サール、灘と、近年の高校生クイズを上回る状況になっています。
 敗者インタビューで甲府南が、後輩が関東大会で開成に勝たないといけないのは酷なので山梨大会をやってくれと言います。すると司会者が、来年は山梨大会を開催する予定だと言いました。そんなことを言ってしまっていいのか? 私は昨年、次回は静岡大会が開催されると聞いていましたが、結局実現しませんでした。主催をめぐって静岡の各行が牽制し合っているようです。
 この後、個人賞はあの人。

|

« 第5回エコ甲全国大会(その27) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51095641

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲全国大会(その28):

« 第5回エコ甲全国大会(その27) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その29) »