« 24回仙台大会(その6) | トップページ | 23回東京大会(その1) »

2011年3月22日 (火)

日本人の質問(その51)

 NHKのBSで先週から今週にかけて「日めくりタイムトラベル」が10本再放送されることになっていました。しかし地震の影響で先週の再放送はなくなりました。とにかく、今度の土曜日に放送される新作が最終回です。これだけ集中放送で再放送することが繰り返されたのに、私が物理的な理由で見ることができなかった2007年8月に放送された回は、最後まで再放送されませんでした。

 それでは「クイズ日本人の質問」です。

----(ここから)----

ラグビーの監督は、試合中なぜスタンドにいる?
アマチュアリズムの考えから、選手以外が知恵をつけるべきでないということになった。1994年以前は、選手以外はグラウンドに入ってはいけず、また選手が指示を受けてもいけなかった。
牛乳ビンに透明なカバーがしてあるのはなぜ?
昭和2年の警視庁令で、牛乳は透明なガラスびんを王冠で密封することになった。しかし透明ガラスびんを日本でつくることはできず、輸入されたものは広口びんだったので、硫酸紙をかぶせて輪ゴムで封をし、見た目を王冠のようにした。
火消しの「い組」の持つまといの四角と丸はどんな意味?
丸がケシ、四角が升で、「消します」という意味。
ゴリラはどうして頭がとんがっている?
噛むための筋肉が極度に発達したため。とくに固い繊維質のものを食べるから。その上にさらに分厚い脂肪層がある。これはヘルメットの役割を果たす。
山の上にある2枚の金属板のようなものは何?
災害時の連絡用のマイクロ回線の電波を反射させて、山の向こうに届けるのに使う。
シクラメンの和名はなぜ「ブタノマンジュウ」?
シリア原産。明治17年に日本で和名が名付けられた。ヨーロッパでの名前が「豚のパン」だった。豚の好物だったから。シクラメンという名前は、ギリシャ語のサイクルからきている。茎が巻きつくところから。
朱肉のいらない印鑑は、どういう仕組みになっている?
ゴムをつくるとき、塩を混ぜる。型をつくってから湯につけて塩を抜くと、スポンジのような状態になって、インクがしみ込む。
市場などで魚介類を入れる木箱を「トロ箱」というのはなぜ?
トロール船で魚を入れる箱をトロール箱と呼んでいた。トミー・グラバーがイギリスからトロール漁の設備一式を導入した。

----(ここまで)----

 災害時にマイクロ回線を山の向こうに飛ばす仕組みがあっても、役場自体が被災したら意味がないということでしょうか。

|

« 24回仙台大会(その6) | トップページ | 23回東京大会(その1) »

コメント

クリニックの中には医師が常駐しておらず、患者さんが来る時だけクリニックを開け、バイト医師に診断や治療・手術を頼むという運営を行っている
ところも数多く存在。
そのようなクリニックは、バイト医師のシフトスケジュールによって診断日や手術日を設定
急な対応が出来ません。
当医院では急なトラブルによる診断の依頼、日帰りでの治療・手術も可能。
http://www.chuoh-clinic-yokohama.com/

投稿: 知之 | 2011年3月29日 (火) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51188990

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の質問(その51):

« 24回仙台大会(その6) | トップページ | 23回東京大会(その1) »