« 第5回エコ甲全国大会(その19) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その21) »

2011年3月 3日 (木)

第5回エコ甲全国大会(その20)

 次回の「シルシルミシルさんデー」はついに、ライオンを取り上げますね。しかしライオンはスポンサーなので、本編でライオンをさんざん持ち上げて「この番組はライオンの提供でお送りします」と出たら、かえってイメージが悪くなるのではないか。次回だけスポンサー名を出さないのだろうか。あるいはナレーションで、「この番組はライオンさんがスポンサーなので、今日は1時間全力でライオンさんの宣伝をします」と開き直るのか。

 それではエコノミクス甲子園です。全国大会の準決勝、今年は3対戦の問題が一斉に発表されます。最初の対戦の「水ビジネス」は、水ビジネスが莫大な利益をもたらすことがわかったが、それが国内外にどのような影響を与えるかというものです。これは普通の問題。次の「消費税」は、今年4月に消費税が30%になったら、社会にどのような影響を及ぼすかという問題です。現実でないことを想定して結果を考えるのです。最後の「日本株」は、すべての日本人(法人も含む)が日本株と日本国債を一切買わなくなったら(外国人は買う)どうなるかという問題です。これはもっと絶対あり得ない事態を前提にして解答するわけで、非常に難しい。
 シンキングタイム中に、エコ甲に参加している地銀を紹介しますが、司会者がりそなの人間なので、りそな銀行と埼玉りそな銀行に対してだけ「主催してくださった」という表現を避けます。

 水ビジネスの発表。福井高専は、高校生クイズ全国大会の1000倍緊張すると言います。岐阜の発表内容は、浄水技術をアフリカなどに輸出するというものです、これに対し福井高専は、水が売れるようになると水の輸出入が増えて足りなくなって、価格が上昇して生活格差と言います。判定は審査員5人とも岐阜です。まあ、これはかなりの差がありました。
 この後、BAD END。

|

« 第5回エコ甲全国大会(その19) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その21) »

コメント

(白目)

投稿: BAD END(ドヤッ | 2011年3月 4日 (金) 06時55分

犯罪まがいのことをしてる大前さん白目。
それとも自白か。

投稿: | 2011年3月 4日 (金) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51019225

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲全国大会(その20):

« 第5回エコ甲全国大会(その19) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その21) »