« 23回東京大会(その6) | トップページ | 23回東京大会(その8) »

2011年3月30日 (水)

23回東京大会(その7)

 東京では車内広告で、日本テレビの春の改編の宣伝が出ていますが、「ZIP!」は、桝アナらは総合司会で、日替わりで出るタレントが「メインパーソナリティ」なんですね。それってどこかのクイズ番組と同じではないか。桝アナが原稿を読ませてもらえなくなったらどうするんだ。

 それでは23回東京大会です。

----(ここから当時の引用)----

2ちゃんねるに、東京大会の○×クイズの全問題が載っていると聞いたので、
見ました。結構ちゃんとした文章も載っているではないか。今年の高校生クイズに
ついて日本テレビに抗議電話をしたときのやりとりが書かれています。抗議して
いる人は、クイズ番組なのにクイズで選んでないことを見せつけられた高校生が
二度と参加するわけがないと主張していて、それが常識的な考えでしょう。おそらく
番組側は、参加者が減っているので、クイズが得意な人だけでなく、他の技能に
自信がある人にもチャンスがあるということを示すために、クイズだけで勝つチーム
と3種類の体を使ったゲームをするチームを分けているのでしょう。それを見せれば
参加者が増えるのかどうかわかりませんが、最終的な番組では、きっと○×クイズ
で勝ったチームが最後の決勝をやっているように編集されるのでしょう。

午後4時ごろ、クイズでの代表チームが決まりました。そして4時15分ごろに
ロードオブメジャーが現れました。まだライブをやっていなかったのか! 私は、
○×クイズが始まる前の入場中にやったとばかり思っていました。ただでさえ参加
人数が少ないのに、すでに大量の敗者が帰ってガラガラになっているところで歌わせ
てもしようがないと思うのですが。こんなに客がいない東京ドームで歌うのは屈辱
でしょう。しかし、ロードオブメジャーが登場した瞬間に、どこにいたのか女の子
たちが突然現れて、我々を押しのけて入口に張りつきます。どんな分野でも、マニア
の行動は同じだということがわかりました。こういう人たちが押しかけることが
明らかだったから、自由に入れる西武ドームを使わなかったのでしょうか。まずは
高校生クイズのテーマ曲を歌って続いて「大切なもの」を歌います。その後、鈴木
アナと爆笑問題が現れてやりとりをしています。爆笑問題はもう帰っていると思って
いたら、まだいたのか。それからさらにもう1曲歌います。これが終わったら、また
高校生が一気に帰ります。まだ敗者復活戦をやっていないのに。

----(ここまで)----

 まさか数年後に、上で書いたのと完全に逆方向で「こんな高校生クイズでは高校生が出ない」という抗議が殺到することになるとは。

|

« 23回東京大会(その6) | トップページ | 23回東京大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51258314

この記事へのトラックバック一覧です: 23回東京大会(その7):

« 23回東京大会(その6) | トップページ | 23回東京大会(その8) »