« 日本人の質問(その51) | トップページ | 23回東京大会(その2) »

2011年3月23日 (水)

23回東京大会(その1)

 昨夜、「ゴレンタン」を見たら、ライオンのCMが流れていました。もう復帰したか。今年の高校生クイズが開催できるかどうかの第1のハードルは、ライオンがスポンサーをできるかですからね。あとは南北東北大会にどのくらい参加者が集まるかと、関東大会の会場の電気です。
 それでは、今年では考えられない、東京ドームで開催された23回東京大会です。

----(ここから当時の引用)----

西武球場がドーム化されると知って最もショックを受け、半屋根式だと知って最も
喜んだのは私でしょう。これで、今までと同じように、関東大会を見続けることが
できます。中に入れなくても何を言っているかはわかります。ところが、今年の
事前番組を見て再び失望が襲いました。そもそも地区大会があるのかどうかわから
なかったのですが、一芸予選やネット予選の紹介をした後で「そして高校生クイズ
のハイライトは地区大会だ。今年はこの6カ所。東京大会は東京ドームだ」。予選
会場が減らされたのもさることながら、「東京ドーム」に衝撃を受けました。第1
回で後楽園球場を使って以来、20年ぶりに戻ってきました。

後楽園球場時代のウルトラクイズには「応援席」というのがあって、クイズに参加
しない人でも外野スタンドに自由に入って見物することができました。しかし東京
ドームになったのとともに廃止されました。高校生クイズでもなぜか鳥栖スタジアム
は参加者以外もスタンドに入れるようになっていますが、東京ドームではそれはあり
得ないでしょう。なぜ今回に限って東京ドームなのか。考えられる理由としては、
西武ドームでやるよりは参加者の減少が食い止められるのではないかということ、
ロードオブメジャーのコンサートがあるのでファンに押し掛けられたら困るという
こと、一芸予選の最終審査を高校生の投票でやる予定なので、球場通路内にモニター
が必要だから、といったものが考えられます。まさか我々が見るのを阻止するため
とは思いませんが。果たして私はここに東京大会のリポートを書けるのか。とにかく
行ってみなければ、何が起こるかわかりません。

----(ここまで)----

 今、鳥栖スタジアムはベストアメニティスタジアムというんですね。一方で、西武ドームはいろいろあって、命名権をやめてしまいました。

|

« 日本人の質問(その51) | トップページ | 23回東京大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/51198871

この記事へのトラックバック一覧です: 23回東京大会(その1):

« 日本人の質問(その51) | トップページ | 23回東京大会(その2) »