« 第5回エコ甲全国大会(その9) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その11) »

2011年2月21日 (月)

第5回エコ甲全国大会(その10)

 今日から日本テレビで「ザ・クイズショウ」が再放送されます。でも1回目は15分拡大ではなく短くされたものです。あのドラマ、さんざん謎をあおっておきながら、なんだそのオチはと思ってしまいました。

 それではエコノミクス甲子園です。全国大会の供託クイズのグループB。1問目は三択です。生命保険に関するもので、福井高専、岐阜、城東、昭和薬科大附属が正解です。2問目の正解はストックオプションで、福井高専、岐阜、昭和薬科が正解。残りは白紙です。3問目の答えは新自由主義。これを正解にする問題文は難しい。4チームが白紙です。昭和薬科のみ正解。4問目は早大本庄、城東、長崎北、昭和薬科が正解です。
 5問目、ロックフェラーが設立した石油会社で、早大本庄のみ正解。これで一気に5位から2位になりました。この時点で、4位の福井高専と5位の城東は1点差です。そして6問目の正解はデュアルカレンシー債。正解は城東と福井高専のみです。これにより、1点差のままで福井高専が勝って城東が負けました。城東にとっては、福井高専だけ正解するという運のなさです。他に勝ったチームは昭和薬科、早大本庄、岐阜です。

 グループCは札幌西が72点、渋谷幕張が91点、名大附属が85点、灘が121点、ラ・サールが103点、鶴丸が72点です。3チーム勝ち抜けです。ペーパークイズは121点取ることが可能なルールなのか。名大附属のキャッチフレーズは「三度目の正直」、ラ・サールのキャッチフレーズは「二度あることは三度ある」。さらにラ・サールに地区大会で負けた鶴丸も同じグループです。
 この後、司会者の重大ミス。

|

« 第5回エコ甲全国大会(その9) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その11) »

コメント

さて、重大ミスそのもの人生を送ってきた人が他人にどんないちゃもんをつけるのでしょうか!次回をお楽しみに!

投稿: | 2011年2月22日 (火) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50932076

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲全国大会(その10):

« 第5回エコ甲全国大会(その9) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その11) »