« 20回中部大会(その3) | トップページ | 20回中部大会(その5) »

2011年2月 1日 (火)

20回中部大会(その4)

 最近知りましたが、「アルクメデス」のDVDが出るんですね。他局ならどんどん告知を打ちそうですが、NHK自身は自分の番組のDVDでも宣伝できません。

 それでは20回中部大会です。

----(ここから当時の引用)----

そういえば、今年は「20回記念で、史上最強のチームを残す」と各予選で宣言して
います。過去の大会を見ても、5回、10回、15回は本格的クイズをやるように
なっています(高校生クイズの本の5巻の問題は異常に難しい)。クイズマニアの間
では「今年の全国大会はクイズスタジアムなのでは」といううわさが流れているよう
ですが、どうやらそうでもないようですね。挑戦者が特別列車で各地を回りながら
降りた土地でクイズをする?

長野県さえ最初の決定チームが出るのに6問かかりました。岐阜と愛知は11問目
です。東京より多いではないか。14問目で残るは静岡と岐阜の1座席ずつという
状態になりましたが、静岡の2チームはともにYES、岐阜の2チームはともにNO
にいきました。そこで福澤アナが「どうしても反対の答えにしたいという人は今から
変えていい」と言い、周りの敗者とスタッフが無言の圧力をかけます。その結果、両
県とも1チームが反対のエリアに移り、この問題で各県8チームが決定しました。

次は敗者復活戦です。雨はときどきやむのですが、収録が始まるとまた降ってくる。
板谷アナが「名前ビンゴ」をやります。18回以来の例の器械が使われます。でも
和歌山大会の名前ビンゴはこれを使わなかったらしい。ところで、準決勝を見るため
には、そろそろ移動を始めなければならないと思うのだが。今回の準決勝と決勝の
会場は、非常に不自然な場所にあります。そもそも第1会場を製鉄公園にするのが
おかしい。おそらく、直前になって企画を変える事情があったか、第1会場を名鉄で
行くところにしなければならなかったかのどちらかでしょう。でも、ネット組の人
たちは近畿のように手分けする動きがありません。こちらの予選こそ、あれを
やらなければならないのに。「準決勝が終わるまで着けばいいんだから」と言って
います。ちょっと甘く見ていないか? と思いつつ、私もその場に残っていました。

----(ここまで)----

 この時代は、「史上最強のチームを残す」であっても、事実上YES-NOクイズをなくして全チームにペーパークイズをやるというわけではありません。
 この予選の準決勝会場は名古屋市内に大きく戻って、さらに決勝会場は第1会場から見て反対側の半田市です。
 全国大会の形式を予言するようなことが書いてあるのは、当時のスタッフがネット上に、「東京でやるとは限らない。『鉄』の力がそれを可能にする」というようなことを書いていたからです。これをもとに「鉄道ダイヤ情報」を読めば日程がわかるのではないかと予想して会場をつかんだことは以前書きました。

|

« 20回中部大会(その3) | トップページ | 20回中部大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50746849

この記事へのトラックバック一覧です: 20回中部大会(その4):

« 20回中部大会(その3) | トップページ | 20回中部大会(その5) »