« 第5回エコ甲全国大会(その1) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その3) »

2011年2月13日 (日)

第5回エコ甲全国大会(その2)

 日本テレビでは日曜の昼に立て続けに「脱出ゲームDERO!」の再放送をしています。今押せば視聴率が上がる余地があると考えているか。しかし本放送のときより時間が短い。今日ようやく、カットされている場面に気づきました。口数が多い順に並べろというので、チェ・ホンマンが自分の名前をハングルで書いて□が含まれるというのに気づいたのがカットされていました。これって完全に別解になってしまうので、スタッフはあせったでしょうね。日本人という暗黙の了解を外すとこういうことになってしまいます。

 それではエコノミクス甲子園です。24チームは4グループに分かれて、得点が先に300になったグループが勝ち抜けです。そしてすでに昨晩、筆記クイズをやって、今朝は「伝言クイズ」をやっています。それが何であるかは我々には一切明かされません。第2回以降、主催者側は必ずこれをやって優越感にひたっています。私としても、エコ甲の宿は突き止められないので、まだ朝のクイズを見たことがありません。伝言クイズの得点は、グループAが15、Bが5、Cが10、Dが10です。

 この会場でこれから行われるのが「ビジネスマナークイズ」。全部で6問あります。1問ごとに各グループから1チームずつが代表で答えます。問題はVTRになっています。各地区大会を主催する地方銀行の職員が演じているのですが、VTRの中にマナー違反が2カ所あります。それを各チームの2人が1つずつ書きます。1つ正解するごとに7点です。
 1問目、グループAは甲府南、Bは昭和薬科大附属、Cは札幌西、Dは致遠館です。司会者が、下手(しもて)と言ってるんだから左から並べとか注意しているのですが、一般人に下手がわかるわけがないだろ。VTRの最後にはいちいち出演者名が出ます。1問目は近畿大阪銀行の2人です。ちなみに全員、共通語で出演しなければなりません。
 20秒で解答します。BとCが1つずつ正解しただけでした。司会者が、こんなことやったら絶対にだめだというような言い方をするのですが、それほどのものか? 私はこんなことでビジネスが壊れるとは思わないし、「部長は席を外しております」が身内に敬称を使っているので絶対アウトというのは、日本語研究の観点から異論があると思います。逆に、私が見てマナー違反と思ったのに正解になっていない動作がありました。この後の問題もそういう微妙なのが連発です。にもかかわらず司会者は絶対だめだと断言します。VTRを使う企画はいいけど問題が全然よくないと思いました。

|

« 第5回エコ甲全国大会(その1) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50860682

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲全国大会(その2):

« 第5回エコ甲全国大会(その1) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その3) »