« 第5回エコ甲全国大会(その6) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その8) »

2011年2月18日 (金)

第5回エコ甲全国大会(その7)

 来週の「クエスタ」は温泉特集です。前にもやっただろ。そう、山田べにこが帰ってくるのです。最近NHKのバラエティ系番組は、最終回の前の2回ぐらいを再放送にして経費節減することがよくあるので、午後8時から再放送をするのかと思ったのですが、調べたら解答者が違うので新作のようです。どんだけ数字狙いで山田べにこに頼るんだ。

 それではエコノミクス甲子園です。全国大会プレゼンクイズのグループD。日本では観光情報が散逸していて、都市と地方で交通網に差があるといいます。そこで、旅の友というサイトで全国の観光情報を一元化します。ユーザーが個人ページを持って、マイプランサービスで旅行宇プランを自動作成するそうです。プランは他のユーザーとも共有でき、リピーター増加につながるとしています。
 一方、地方が自律的に地域全体で盛り上げる機運が必要だといいます。スマートフォンなどを使うことを考えています。
 学生情報センターの人の質問です。大学生になったとき、この提案について自分でどのような参加意識を持つか。大学生にならないとこういう活動に参加してはいけないのか? それはともかく答えは、いろいろな人と触れ合って考え方を吸収しきずなを培い、コミュニケーション能力で世界と交流するそうです。

 11時40分ごろ終了します。過去2年のプレゼンクイズに比べてずいぶんあっさり終わった感じです。休憩の後、野中ともよが総評です。「まず一言、素晴らしかった。このまま霞が関に連れて行きたい」。一昨年の反省からか、なぜか絶賛します。その後、プレゼンテーション力はその場にいる人に届くことだと言います。どうやら高校生の話し方などに注文をつけているようです。「明るくて楽しそうでないと届かない。楽しい人生と思わせることが重要。アップルのソフトウエア使うと中身なくてもすごいと思う」。意味がよくわからないのですが、ビジネスに勝つためにアップルのソフトウエアを使って、中身がなくてもすごいように見せかけろという話だと解釈しました。

 4グループの得点は、Aが87.5、Bが91、Cが96.5、Dが75。自信の通り、名大附属のところがトップになりました。この後、また茶番が始まります。

|

« 第5回エコ甲全国大会(その6) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その8) »

コメント

あの、茶番というなら、ご覧にならなくて良いのでは?
学生たちが頑張っているのをあなたのような方が茶々をいれるのは非常に残念です。

投稿: | 2011年2月19日 (土) 01時21分

コメントを書かれた方!大前氏は過去の栄光を現在の高校生に重ねていつまでもしがみつくキチガイですから、茶々を入れてないと自己が保てないのです。諦めてください。

投稿: | 2011年2月19日 (土) 13時07分

キチガイというのは差別用語ですよ。
放送禁止語句にもなっているほどです。
他人のことをどうこう思うのは自由ですが、
その辺は一般教養としてわきまえた方が良いかと思います。
そのことを知っていて書いているなら、
ネットというものの世間への影響力について、
考えを改める必要があると思います。

投稿: | 2011年2月21日 (月) 05時58分

とりあえずこの記事読んでくださいや
http://blog.o-mae.jp/isics/2011/02/post-613c.html

投稿: | 2011年2月21日 (月) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50904148

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲全国大会(その7):

« 第5回エコ甲全国大会(その6) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その8) »