« 第5回エコ甲全国大会(その8) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その10) »

2011年2月20日 (日)

第5回エコ甲全国大会(その9)

 東京ドームのすぐ横にある後楽公園というところを通ったら、こんな遊具がありました。

Oxjpg

 やっぱり後楽園は○×ですね。

 それではエコノミクス甲子園です。全国大会の供託クイズのグループA。1問目は三択です。1人当たりのGDPが5位以内の国を選びます。意外なものが正解というセオリーにのっとっています。甲府南、片山学園、奈良学園、岡山白陵が正解。2問目の正解はトラベラーズチェックで、片山学園だけが白紙です。
 3問目は現在のFRB議長の名前で、4チームが正解。横須賀はガイトナー、岡山白陵はグリーンスパンと書きました。司会者が、「グリーンスパンは前の議長、ガイトナーは財務長官です」と言います。それがどうしたのかは後でわかります。
 4問目は現在の子ども手当の支給額です。甲府南と片山学園が正解。5問目、開発・製造・販売部門が同時に協力するのをスポーツの名前で何方式というかというのですが、全チーム不正解です。正解はラグビーですが、ラグビー部の長崎北もわかりません。
 次が最終問題です。先ほど全チーム不正解だったので、次の問題は62点を分配することになります。断トツで最下位の片山学園も、単独正解なら一気にトップになります。6問目は転換社債の理論上の価格を何というかというので、正解はパリティですが、全チーム不正解。3チームが白紙です。どうやら後になるほど問題が難しくなっているようです。
 この結果、甲府南が95点、横須賀が65点、片山学園が38点、奈良学園が82点、岡山白陵が81点、高松が79点。よって甲府南・奈良学園・岡山白陵が勝ち抜けです。

 グループBは早大本庄が78点、福井高専が77点、岐阜が100点、城東が79点、長崎北が30点、昭和薬科大附属が108点。この中で4チームが勝ち抜けます。
 この後、大接戦に。

|

« 第5回エコ甲全国大会(その8) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50926046

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲全国大会(その9):

« 第5回エコ甲全国大会(その8) | トップページ | 第5回エコ甲全国大会(その10) »