« 21回北陸大会(その5) | トップページ | 21回北陸大会(その7) »

2011年2月10日 (木)

21回北陸大会(その6)

 今週の「気まぐれコンセプト」。スパイに「麻木久仁子の椅子が空いた」として、ついてはこのメモにある人物(その椅子を争いそうな敵)を消してくれと依頼しています。高田万由子、渡辺真理、小島慶子、岡江久美子、高木美保、宮崎美子。これは「そこそこ美人で頭がよくてクイズ番組に出たりワイドショーのキャスターなんかもできちゃうおばさんの座」だそうです。この依頼者が中島啓江らしいのですが、そんな仕事を一切していないラジオパーソナリティの小島慶子を、ホイチョイプロダクションはそのように注目しているわけです。私も、そのうち小島はプレッシャーSTUDYに出るのではないかという気がしていますが。

 それでは21回北陸大会です。

----(ここから当時の引用)----

最初の方は、三択での不正解が1回あっただけで、どんどん抜けていきます。早く
終わらせないといけないから、不正解が1回あれば十分なんだなと思っていました
が、しだいにできが悪くなってきます。やはり後に残るようなチームほど頭が悪い。
その分、展開はおもしろくなりましたが。でも番組ではそういうのを放送している
余裕はないから、抜けたところばかりなんだろうな。

新潟駅への無料バスは2時30分が最終ということで、準決勝が終わったころには
もうありません。決勝の会場へ行くには新幹線を使っても全部で2時間ぐらいかかり
そうな気がします。かつて、私が1人で予選を見ていたころなら、準決勝の最初の
ところだけ見てルールを把握した時点で会場を去っていたでしょう。しかし今や、
10人近くの私の同類が、自家用車に分乗して移動する時代です。車を持っていれば
スタッフに対してこちらの時間のロスがない。時代は変わりました。

車での移動は、高速道路を使っても1時間かかりました。千秋が原に着いて、収録を
やっていそうな場所を探すと、「米百俵の群像」というのがあります。その前に決勝
のセットがありました。

----(ここまで)----

 最近は新潟にはそういう人は10人も来ないな。地区によって大きく差があって、沖縄は遠いのに観光気分でたくさん来て、北東北はほとんど来ません。

|

« 21回北陸大会(その5) | トップページ | 21回北陸大会(その7) »

コメント

当時、準決勝の様子はそれなりに放送されてました。福井の様子と、新潟のラスト1席を争う男子チームと女子チームの戦い。今思えば21回の北陸予選の番組はとてもいい感じの編集だったと思います。

投稿: 猿 | 2011年2月10日 (木) 15時47分

小島さんのセーラー服姿が見られるのならブルーレイで録画しますよw

投稿: DJコミュニティ | 2011年2月10日 (木) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50829362

この記事へのトラックバック一覧です: 21回北陸大会(その6):

« 21回北陸大会(その5) | トップページ | 21回北陸大会(その7) »