« 第5回エコ甲東海大会(その2) | トップページ | 第5回エコ甲東海大会(その3) »

2011年1月 8日 (土)

30回北海道大会(その2)

 NHKの「ワースト脱出大作戦」を一部地域で金曜日にやっていましたが、2007年度の方がおもしろかったと思います。それはそうと、今年度は交通死亡事故がずっと1位の愛知県を取り上げています。先日、愛知のローカルニュースを見ていたら、交通事故の統計が出ていて、ここまでの死者数が激減していました。NHKがちょっと企画をやるだけでここまで効果が出るものか?

 それでは北海道大会です。松下優也は、みんなはこれが暑いと思っているかもしれないが北海道は涼しいと強調します。しかしこの日の北海道は十分暑かった。私が北海道で体験した中でも最も暑い日だったと思います。
 次はマニフェストです。「豪華なプレゼントたくさんあげちゃう」「ライブで大爆笑させます」そして「敗者復活させます」です。

 11時半過ぎに鈴木アナの声が流れます。録音です。藤田アナウンサーを呼べと言います。「10年前は君と同じ挑戦者」という声とともに藤田アナが後ろ向きでせり上がってきます。「スッキリ!でプラレールを回しながらしゃべっている、あのお兄ちゃんは鉄道ファンなんじゃないか。はっきり言います。鉄道大好きでーす」。そして東京から札幌まで青春18きっぷで来られるという話をします。
 「今回、皆さんが選んでくれた合言葉が、このハチマキの下にあります」。そしてハチマキを取ると、下に「フィーバー」と書かれた別のハチマキをしています。四国岡山大会と、私が見ていない静岡大会では、フィーバーとハイパーから選ばせていましたが、両地区でフィーバーということになって、ここでは最初からフィーバーに決まっていることになりました。
 「フィーバーのFは下くちびるをかむ」と言ってFの発音練習をさせます。これは完全に福澤のやり方をそのままパクっています。

 この後、クイズマニアを前提にした問題。

|

« 第5回エコ甲東海大会(その2) | トップページ | 第5回エコ甲東海大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50530710

この記事へのトラックバック一覧です: 30回北海道大会(その2):

« 第5回エコ甲東海大会(その2) | トップページ | 第5回エコ甲東海大会(その3) »