« 30回北海道大会(その1) | トップページ | 30回北海道大会(その2) »

2011年1月 7日 (金)

第5回エコ甲東海大会(その2)

 先月このようなことを書きました。

----(ここから)----

 「四国一周ブログ旅」のDVDが出ましたが、店頭には毎日放送が作ったと思われる宣伝チラシが掲示されています。ところがこの中で、山梨放送で放送していると印刷してあるのです。テレビ山梨と山梨放送を間違えるのは、業界的には最もやってはいけないことです。きっとTBS系列に「放送」とつくところが多いから、ちゃんと確認しなかったんでしょうね。

----(ここまで)----

 吉本興業系の通販サイトを見ると、このDVDのところで堂々と「山梨放送」と書いてあるので、MBSではなく吉本が間違えている可能性があります。いい加減、誰か指摘してやらないのか。どこに指摘すればいいかわからないけど。

 それではエコノミクス甲子園です。東海大会の筆記が終わってから司会が「全然楽勝だった人」と言うと、名大附属の3年連続出場の人だけが手を上げます。ちなみに前回の代表で今回は参加していないメンバーも見に来ています。会場ではずっと受験勉強していましたが。前回代表は94点ぐらい取れたと思っているらしい。

 この会場は、弁当が余りませんでした。食事中に、早押しの組分けが発表されます。開始前に司会が「ニューヨークへ行きたいかーっ!」を叫びます。
 A組の1問目、川越の混成チームが取ります。2問目は春日丘、3問目は木曽川、4問目は千種が正解して、全チームが1ポイントで並びます。
 5問目は川越が早く押して不正解。6問目、7問目と春日丘が連取して勝ち抜けます。これであせったか8問目は川越が早く押しすぎて答えられません。

 B組の1問目、木曽川が押して「寡占市場」と答えます。司会が「もう一度」。すると「寡占いちば」。そこじゃない。この問題文では「寡占」だけでないと正解になりません。2問目は唯一の静岡からの参加である浜松北が取ります。どちらのチームも押すのが早い。
 3問目は滝が正解。4問目、5問目は浜松北が取って勝ち抜けますが、5問目で問われていることって先ほどの筆記で出ていたではないか。そして6、7、8問目を海陽中等教育が取って一気に勝ち抜けます。
 この後、誤答で爆笑。

|

« 30回北海道大会(その1) | トップページ | 30回北海道大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50520685

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲東海大会(その2):

« 30回北海道大会(その1) | トップページ | 30回北海道大会(その2) »