« 30回北海道大会(その7) | トップページ | 30回北海道大会(その8) »

2011年1月21日 (金)

第5回エコ甲香川大会(その1)

 この前、こういうことを書きました。

----(ここから)----

 ここから、ドライブに関するアンケート結果の発表になります。ドライブ中の男のグッとくる仕草とか。そして結果が表示されると、その中に出てくる単語を選んで、原がドラちくマスターにうんちくを言わせるのです。「眠気」からクールミントの話をしていましたが、私の聞いた説はそれとは違います。これが「諸説あるものや個人の見解も含まれています」というやつです。

----(ここまで)----

 前日は「眠気」というテーマで木魚のうんちくを話していたようです。

 それではエコノミクス甲子園です。12月19日は実に10カ所で予選が行われますが、その中で、一般人も自由に入れてしかも行ったことがないところということで香川大会に行くことにしました。本当なら中国大会に行ってタダで弁当を食べたいところですが。
 高徳線の屋島駅近くにある百十四銀行の研修施設で行われます。受付に行ったら広報から名刺を渡されます。すでにどこかのテレビカメラも来ています。ここは全参加校のチーム名を含めて書いたリストをくれます。出席は18チームです。
 常務取締役執行役員があいさつします。第1回は全国で3大会33チームだったのが、今回は23地区で600チームになったそうです。昨年代表の観音寺第一は開成など多くの高校と交流を持つことができたそうだと言います。なぜここで開成の名前を出す。

 高知もこの大会ですが、唯一、土佐高校が来ています。開始前にいきなり第2ラウンドの抽選をします。ところでこの地区は、各チームがチーム名をつけているにもかかわらず、銀行側が勝手に「高松高校A」などと同一高校にアルファベットをふって、それで呼びます。さらにこの地区で勝手にやっていることとして、筆記は個人で解答して、2人の平均点がチームの得点になるというのです。解答用紙の学校名欄には個人名を書かせます。
 筆記が終わって、昼食の前に集合写真を撮ります。やることがいちいち他の地区と違います。したがってこの地区のみ、写真の中央が優勝チームといったことがありません。
 この後、恒例の弁当話。

|

« 30回北海道大会(その7) | トップページ | 30回北海道大会(その8) »

コメント

今日のマクラは昨日のミリオンダイスにウルトラハットもどきが出てきたことかと思ったら違いましたね。
まあ、内容自体はたいしたこと有りませんでしたし。

投稿: | 2011年1月21日 (金) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50643715

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲香川大会(その1):

« 30回北海道大会(その7) | トップページ | 30回北海道大会(その8) »