« 第5回エコ甲香川大会(その4) | トップページ | マクラで1回分 »

2011年1月27日 (木)

第5回エコ甲香川大会(その5)

 昨日はNHK WORLDを見ていました。海外に送信している映像を、日本でもホームページで同時に見られるんですね。何を見たかというと「imagine-nation」です。昨日は鉄道マンガブームということで「新・鉄子の旅」の取材に同行していました。

 ほあしかのこはマンガの自画像そのままの顔でした。一方、菊池直恵も生で見たことがあるのですが、マンガに描かれている顔とまったく違います。

 それではエコノミクス甲子園です。香川大会の決勝は、1位の優勝で決着したはずが、なぜか3位とのサドンデスになります。7問目、○×です。自分でATMを使ったことのあれば間違えようのない問題です。今年のエコ甲はどうして、こういう決定的な場面で異常に簡単な○×が出るのか。
 8問目、高松空港に関する問題です。これは私も知りません。これで答えが分かれました。そして1位の高松が優勝決定です。

 筆記の上位3人に賞が出ます。メダルが埋め込まれたマグカップです。3位は準優勝の高松の人。2位は優勝の高松の人。そして1位は観音寺第一の人です。頭取と3人の写真を撮ります。そしてあとはラッキー賞ということで、7位に賞が出ます。高松の優勝チームの人です。そして10位、さらに12月19日ということで19位にも賞が出ます。
 上位3チームへのメダルも立派です。ガラスでできていて、留め具のところが金・銀・銅になっています。

 最後に頭取のあいさつがあります。どこの地区でもそうですが、大学を出たら百十四銀行にチャレンジしてくれと言います。「面接で、エコノミクス甲子園に出たと言ってくれればいいのではないかな」。エコ甲は就職のコネになるのか。
 ここで初めて、準優勝の高松にも全国大会の可能性があることが発表されます。

 受付に、帰りのバスとJRの時刻表が張ってあるそうです。しかし昨日バスのダイヤ改正があったことを知らないようで、時刻が全然違っていました。

|

« 第5回エコ甲香川大会(その4) | トップページ | マクラで1回分 »

コメント

サドンデスの最終問題が大敗者復活選のマニフェストに載っていますが、その部分だけを読むと「高松空港から一番近い海外の都市はどこでしょう?(正解:ソウル)」とあります。

もしこの問題のままでしたら、純粋に距離だけを聞いているので空港の有無や路線の就航は関係ありません。そうなると不正解とされた「釜山」のほうがソウルよりも近いのでいささか問題があるように思えます。

調べたところ、高松空港からの就航路線は、国内線は羽田と那覇、国際線がソウル(仁川)のみでした(3月に上海便が就航予定)。

マニフェストのその後の文章で、路線が就航している都市を聞いているようにもとれますが、実際はどのような問題文だったのでしょうか?

投稿: 石井 | 2011年1月28日 (金) 02時20分

問題文を教えていただきありがとうございました。
今回はマニフェストとして公開されたほうの情報が間違っていたわけですね。

大会側にも問い合わせをしましたが、回答がありませんでしたので、実際は特に不備は無かったとは思いましたが、実際に観戦されたとのことでお尋ねした次第でした。

投稿: 石井 | 2011年1月30日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50700995

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲香川大会(その5):

« 第5回エコ甲香川大会(その4) | トップページ | マクラで1回分 »