« 第5回エコ甲香川大会(その5) | トップページ | 20回中部大会(その1) »

2011年1月28日 (金)

マクラで1回分

 エコ甲香川大会の最後の問題は、高松空港から出ている唯一の国際線はどこ行きかというものです。

 水曜日の「DERO」を見たら、今田耕司が「マジカル何年やってたと思ってるねん」と言っていましたが、そこで「マジカル頭脳パワー!!」の説明文が画面の下に出ました。「1990年代のクイズ番組で、今田はレギュラー出演していた」。もうそんなことを書かないと、この番組の視聴者はマジカルを知らないような時代になったのか。

 その後、「笑ってコラえて!」を見たら、夏目アナが今回で終わりで、次から関根麻里になるということが発表されていました。「ズームイン!!SUPER」の後番組も関根が司会になるんだよな。今後、アナウンサーが日本テレビを辞めそうになると「後任を関根麻里にするぞ」と言うのか。もっとも、笑コラの初代司会の山岡三子もズームインサタデーと兼務していましたから、それほど不思議ではありません。

 昨日の「VS嵐」では、福澤朗率いるうさぎ年チームが出ていました。ピンボールランナーに嵐チームが挑戦するところで、伊藤アナを追い出して福澤が実況しました。相手チームのメンバーに実況させるとは前代未聞。福澤を大物扱いしている感じがします。ピンクのボールをかごに入れるところで「ピンクジャストミート!」「桃色ファイヤー!」と叫びます。

 今回は、たまったマクラを消費しましたが、もう高クイもエコ甲も書く話がありません。エコノミクス甲子園は12月23日にも予選があったのですが、そのいずれも入場を拒否されました。りそな銀行はともかくとして、事前に電話した段階で断ってきたのは長崎大会だけです。エコ甲の全国大会がいつかも発表されていないのですが(おそらく2月の3連休の真ん中の日に、昨年と同じ会場)、それまで過去の予選リポートでつなぐことになります。全国大会を見るのをりそな銀行が阻止することはないと思いますが。

|

« 第5回エコ甲香川大会(その5) | トップページ | 20回中部大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50711877

この記事へのトラックバック一覧です: マクラで1回分:

« 第5回エコ甲香川大会(その5) | トップページ | 20回中部大会(その1) »