« 20回中部大会(その2) | トップページ | 20回中部大会(その4) »

2011年1月31日 (月)

20回中部大会(その3)

 昨日のテレビ朝日の「時空へGO!」。恒例の企業特集と昔の映像の発掘で、コストをかけずに視聴率を取る番組を開発しようとしているかのようでした。番組スタイルは完全に「リアルスコープ」でしたが。雑学的なテーマがちょこちょこ取り上げられると思ったら、高校生クイズの構成作家がかかわっていました。

 それでは20回中部大会です。

----(ここから当時の引用)----

第1問が終わったところで板谷アナが出てきます。敗者復活の要請をしているうち
に、一転、空からものすごい雨が降ってきました。どうして製鉄公園はこうなるの
でしょう。二度と番組で使われないでしょう。敗者復活をする条件は、板谷アナが
日本テレビの女性アナウンサーの名前を10人答えることです。今回の板谷アナは
ヤラセではなく、本気で考えているように見えました。1人答えるごとに、福澤アナ
が「この人も独身です。なぜなのかはわかりません」と解説します。でも鈴木アナが
結婚しているとは知りませんでした。週刊誌などによく「巨乳アナ」として取り上げ
られる人については「ナイスボディーですが、本人は下ネタが嫌いなので、そういう話
をしないように気をつけています」。

YES-NOクイズでは通常、各県の横断幕のそばにいることにになっているのです
が、雨が激しくて問題が聞こえないということで、一番後ろの愛知県はいくら前に
出てきてもいいことになります。一昨年もこの会場で、雨で問題が聞こえないために
キャンセルになったことがありましたが(福澤アナがスタッフに「どうするんだ」と
言ったのがそのまま放送された)、製鉄公園は呪われているようです。

YES-NOクイズの2問目は過去問のような気がするのですが確認していません。
4問目でまたオリンピックの問題が出ました。この予選は、かなり素直な問題や知識
で答えられる問題が続くので、ずっと多数派の正解が続きます。9問目、また過去問
じゃないか(問題文の表現が違うので正解が逆になっているが)。11問目もまた
過去問、と言っても、「ウルトラクイズ史上最大の敗者復活戦」で出た問題ですが
(なお、次の東北大会でも、史上最大の敗者復活戦と同じ問題が出る)。今、改めて
全部の問題を眺めてみても、本当に引っかける問題がありません。クイズ研などが
残りそうな問題セットです。

----(ここまで)----

 ここでいう鈴木とは鈴木君枝です。この後離婚して再婚して自殺するとは想像できないころです。一方、柴田倫世のロケット乳というのが話題になっていたんですね。

|

« 20回中部大会(その2) | トップページ | 20回中部大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50735674

この記事へのトラックバック一覧です: 20回中部大会(その3):

« 20回中部大会(その2) | トップページ | 20回中部大会(その4) »