« 30回北海道大会(その2) | トップページ | 恋愛に失敗 »

2011年1月 9日 (日)

第5回エコ甲東海大会(その3)

 エコノミクス甲子園のスーパーオリラジチャンスの、各チームのマニフェストが発表されています。投票は携帯電話または投票用ハガキを請求するようになっています。二重投票ができないようなシステムが確立しているのですが、問題はインフラよりも、誰がエコノミクス甲子園のホームページにアクセスして各チームのマニフェストを見て投票するのかということです。全然広報されていないのに。各チームの関係者の組織票で決まる可能性が高い。

 それではエコノミクス甲子園です。東海大会の早押しのC組。1問目は簡単な問題ですがスルー。2問目は海陽中等教育が正解します。そして3問目も連取。なぜコーポレートガバナンスは知っているのに頭金は誰も答えられない。
 4問目、正解はベンチャーですが、木曽川が「アドベンチャー企業」と言って爆笑になります。5問目は海陽が正解して勝ち抜けで、6問目はスルー。経済の学問用語よりも、生活に密着した問題が答えられません。
 7問目、これが経済と言えるかという問題を東海が正解して、8問目はスルーです。

 D組は川越が3チームと昨年代表です。クイズのプロ対戦になりました。昨年代表が「みんなに嫌われてた」と言います。
 1問目、昨年代表が正解。しかし2問目は押すのが早すぎて不正解です。3問目はスルー。1回休みの昨年代表はわかっていました。4問目、昨年代表が正解。5問目も昨年代表が正解して、あっという間に勝ち抜けました。ここまで昨年代表以外何もしていません。
 6問目は川越の混成チームが正解。ここが7問目も取ります。8問目は川越のサンタのチームが正解でした。
 この後、司会が事前に調べる。

|

« 30回北海道大会(その2) | トップページ | 恋愛に失敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50536263

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲東海大会(その3):

« 30回北海道大会(その2) | トップページ | 恋愛に失敗 »