« 第5回エコ甲宮城大会(その5) | トップページ | 第5回エコ甲宮城大会(その6) »

2010年12月30日 (木)

30回近畿大会(その13)

 テレビ朝日の「バラコレ」、朝日放送では1日目だけネットされていないことに気づかず見ていませんでした。それはそうと、昨夜の「クイズ5×5!!」ですが、スタッフ・出演者・企画内容からいって、こんな特別枠でやらなくても、「お試しかっ!」でやればいいではないか。あの番組はいろいろな企画を試すものではなかったのか。そういえばこの前「ケータイ大喜利」で、紅白歌合戦のサブタイトルというお題で、「全部歌い終わるまで帰れま10」というのがありました。

 それでは近畿大会です。兵庫の決勝は灘が3チームです。灘にはペーパークイズ92点のチームがいます。しかし2位は91点の関西学院でした。
 1問目、略語の問題で全チーム正解。2問目は日本史で、灘の2チームと関西学院が正解。3問目、市町村名で唯一カタカナのところを答える問題で、灘の3チームが正解。これはクイズをやっていないと答えられないか。
 4問目、「芥川賞の第1回受賞者は」で灘の1年生チームが押して、直木賞の第1回受賞者を答えて正解。5問目で関学が間違えた後、6問目で灘の同じチームが「タイムイズマネー」だけでベンジャミンフランクリンを正解します。なぜわかったかと聞かれて、天下の高校生クイズだからそのくらいのことを聞いてくるだろうというようなことを言います。
 7問目、灘の同じチームが不正解。次からは灘の別のチームが3問連続で押します。しかし正解したのは1問だけで、4ポイントの2×です。灘の2チームが4ポイントで並びました。
 11問目で灘の最初のチームが5ポイントになると、12問目と13問目は灘の3チーム目が連取で、こちらがトップに並びます。「ボウリングでストライクも」「ごまをすることを英語で」で押すという、まさにクイズ研でないとあり得ない答え方です。
 この後、灘同士の大接戦。

|

« 第5回エコ甲宮城大会(その5) | トップページ | 第5回エコ甲宮城大会(その6) »

コメント

ボクシングではなくて、ボウリングだと思われます。

投稿: たぬきち | 2010年12月30日 (木) 11時14分

確かに。おそらく問題文は、「ボウリングで、ストライクもスペアもしなかったフレームのことを何という?(オープンフレーム)」でしょうね。

投稿: | 2010年12月30日 (木) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50438182

この記事へのトラックバック一覧です: 30回近畿大会(その13):

« 第5回エコ甲宮城大会(その5) | トップページ | 第5回エコ甲宮城大会(その6) »