« 30回近畿大会(その5) | トップページ | 30回近畿大会(その6) »

2010年12月14日 (火)

第5回エコ甲岐阜大会(その5)

 年末年始のテレビ雑誌が出始めました。池袋のジュンク堂書店に行ったら、「TVぴあ」の関西版を売っていました。やはり注目は「じっしゃ西日本横断ブログばなし」大会でしょうか。西日本横断ブログ旅が30時間ぐらいにわたって全部放送されます。このタイトルから、「まんが日本昔ばなし」のパロディーであることが想定されます。東京でもやればいいのに、どうせあの局は自分で番組をつくって埋めても低視聴率にあえぐんだし。

 それではエコノミクス甲子園です。岐阜大会の早押しDグループは3チームなので6問限定です。1問目と2問目を可児が連取します。予定より早く進みすぎているので、この対戦だけいちいち解説を読み上げます。そして3問目も可児が正解して一気に勝ち抜け。
 4問目「1万円札に描かれているのは」で聖マリア女学院が押して不正解。普段からクイズをやっている人なら「では1000円札は」と続くことは明らかなんですけど。5問目は多治見西がわからないのに無理に押して不正解です。6問目、聖マリア女学院が正解して、これで終了です。

 ここで改めて各チームにインタビューしてから、決勝のルールが発表されます。6チームによるボードクイズです。正解は3ポイントで不正解はマイナス1ポイント。つまりわからなければ白紙解答するという戦略があります。そして予選で1位のチームには2点、2位には1点のアドバンテージがあります。15点取ったチームが優勝です。
 ここで、準優勝のチームにも全国大会進出の可能性があるということが発表されます。23地区の準優勝チームの中から1チームが選ばれるそうです。つまり今年のエコノミクス甲子園にはスーパーオリラジチャンスがあるのです。そのルールは全地区の予選が終わった翌日の12月24日に発表されます。
 この後、料理の鉄人。

|

« 30回近畿大会(その5) | トップページ | 30回近畿大会(その6) »

コメント

テレビ朝日で放送していた「人気者でいこう!」の「芸能人常識チェック」という企画では、高校生クイズの正解、不正解と同じ音が使われていました。

投稿: ういんちゃん | 2010年12月17日 (金) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50296106

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲岐阜大会(その5):

« 30回近畿大会(その5) | トップページ | 30回近畿大会(その6) »