« 30回福井大会(その5) | トップページ | 30回福井大会(その7) »

2010年12月 2日 (木)

30回福井大会(その6)

 前回「バリバラ」のスペシャルについて書いたら、今日の「スタジオパークからこんにちは」に鈴木おさむが出ているではないか。バリバラの通常放送の様子が流されていましたが、高度の言語障害の人が何を言っているかを当てるクイズがあります。障害者が笑いをとる一方で、解答者はヘルパーを目指しているので真剣です(これが聞き取れないと仕事にならないから)。
 ニュース解説のコーナーの最後にアナウンサーがおもむろにフリップを出して「『お試しかっ!』がフジテレビと書いてありましたが、テレビ朝日さんでした。おわびします」。これでかえってお試しの宣伝になっています。

 それでは福井大会です。決勝は6問やって、1問ごとに昨年代表が不正解と正解を繰り返すだけで、全チーム0ポイントです。
 7問目、日本史です。しかし昨年代表から外されたメンバーがいるチームが初めて押します。しかし不正解。8問目、国旗の問題で昨年代表が正解して、初めてポイントがプラスになります。9問目は武生が正解、しかし10問目は藤島の一方のチームが不正解です。
 11問目、九州に関する問題で昨年代表から外されたチームが正解。12問目は武生です。13問目、漢字の問題でかなり早く、昨年代表が正解します。

 14問目「エジソンが京都の竹を用いて完成」で武生が押して「白熱電球」と答えますが、問題は「電球の部分は何」。15問目、昨年代表から外されたチームが正解。そして16問目の数学は昨年代表が計算を間違えて、また1ポイントで並びます。
 17問目、初めて日本に来たパンダの名前を答える問題で、これまで一度も押していない藤島が「リンリンとカンカン」。このチームは第1回ウルトラクイズでも1問目で落ちるのでしょうか。18問目のスポーツを昨年代表が正解して、またトップです。
 この後、まだまだ不正解。

|

« 30回福井大会(その5) | トップページ | 30回福井大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50192742

この記事へのトラックバック一覧です: 30回福井大会(その6):

« 30回福井大会(その5) | トップページ | 30回福井大会(その7) »