« 第5回エコ甲岐阜大会(その6) | トップページ | 第5回エコ甲岐阜大会(その7) »

2010年12月17日 (金)

30回近畿大会(その7)

 昨日の「ミリオンダイス」で、年明け放送予定の企画の予告が流れていましたが、なつかし音楽のイントロクイズが対戦形式になるようです。ボタンを押す音だけでなく正解・不正解音も高校生クイズと同じになっていました。さらにウルトラハットを作っていて、頭の上で立ち上がるようになっています。

 それでは近畿大会です。14時過ぎからペーパークイズです。これが終わると「ダイアン・ジャルジャルのプレゼント争奪クイズ」。4人のプライベートに関する○×クイズを出して、最後まで残った4人に賞品が当たります。
 1問目、ダイアンの「津田」は芸名であるという問題です。ちゃんと通常の○×クイズと同じ音楽で移動します。正解は○です。嫁の養子に入ったので本名が変わったそうです。今年初めて、大勢で○×クイズをやって不正解者が失格していく様子を見ました。
 2問目は西澤、3問目はジャルジャル、4問目は福徳の問題です。だんだん人数が減っていきます。これが○×クイズの醍醐味。5問目は津田が「実は僕はプチ整形している」。正解は○です。最終的に8問までいきます。
 残ったチームがジャンケンをして、2回で4チームが決まりました。

 15時半ごろ終わって、続けて抽選会です。全国共通に加えて読売テレビ独自のものもかなりあります。
 この間に結果発表の準備がされるはずですが、ブーブーゲートが設置されません。現在残っているのは200チーム近くいるようです。それが司会席を三方から大きく取り囲むように並びます。
 まずは決勝特別枠として智弁和歌山の1チームを呼びます。そして残りの結果発表です。「ウイニングゼッケンをつかみ取れ」。これから、決勝で使う学校名のゼッケンをばらまきます。チームリーダーがゼッケンを探して、見つけることができれば合格です。鈴木アナもゼッケンをばらまくのに参加しています。
 1分ぐらいで結果が判明しました。勝者は中央に集まります。

 この後、重大なルール変更。

|

« 第5回エコ甲岐阜大会(その6) | トップページ | 第5回エコ甲岐阜大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50324628

この記事へのトラックバック一覧です: 30回近畿大会(その7):

« 第5回エコ甲岐阜大会(その6) | トップページ | 第5回エコ甲岐阜大会(その7) »