« 30回近畿大会(その6) | トップページ | 30回近畿大会(その7) »

2010年12月16日 (木)

第5回エコ甲岐阜大会(その6)

 火曜日の「お願い!ランキング」では、ドラちくではなく駅ちくというのをやっていました。新橋駅で見える物についてうんちくを話すというものです。ここで新橋駅のキヨスクを大きく取り上げていて、キヨスクのおすすめ商品についてやっていました。今日、JR東日本のキヨスクを見たら、設置されているモニターに、お願い戦士がそれらの品物を紹介するVTRが流れています。テレビ朝日はあらゆるところでタイアップを徹底させていますね。

 それではエコノミクス甲子園です。岐阜大会の決勝進出チームが発表されます。1位は岐阜。2位は可児。3位は岐阜。4位は関。5位は岐阜です。そして6位の発表の前に、「料理の鉄人」で結果発表するときの曲が流れます。最後は帝京可児でした。

 決勝の1問目、答えは簡単なのですが、その言葉の定義文を問題にされるとわからなくなります。2位と3位だけが正解で残りは白紙です。2問目も、また同じ2チームだけ正解で、残りは白紙。
 3問目、正解が購買力平価説で、問題文にビッグマックが出てきます。購買力平価からビッグマックを聞くのはよくありますが、これでは正解は出ないでしょう。2位が不正解で残りは白紙です。これでトップが6点ずつで並びました。
 4問目、「貯金を表す三角形を描いてください」。問題の意味がよくわかりません。でも高校生は1チームを除いて正解を描いています。時間がたつと利子がついて残高が増えていくという図のことか。テキストにあったのかな。この時点で6チームの得点は599330です。
 5問目、排他的経済水域をアルファベット3文字で。2、3、6位が正解して残りは白紙です。これで2チームが王手になりました。
 6問目は利息の計算問題です。1チームずつ数式を説明させますが、1位だけちゃんと説明できません。残りが正解で、これで2位と3位が同時に15点になりました。同じ問題で2位が16点、3位が15点になったとすれば2位が優勝だったのですが、今回はサドンデスになります。ちなみに、予選では1位だったチームがこの決勝では最下位でした。
 この後、なかなか決まらない。

|

« 30回近畿大会(その6) | トップページ | 30回近畿大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50315122

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回エコ甲岐阜大会(その6):

« 30回近畿大会(その6) | トップページ | 30回近畿大会(その7) »