« 第5回エコ甲宮城大会(その3) | トップページ | 第5回エコ甲宮城大会(その4) »

2010年12月25日 (土)

30回近畿大会(その11)

 今日は「みんなでニホンGO!」が3カ月ぶりに放送されていましたが、実はこのスタジオ収録に行きました。途中のクイズコーナーで、「せんべろ」について、私は知らない方にしたのですが、実はこれ以前に少なくとも2回、せんべろとは何かということをメディアで見ています。しかし完全に頭から抜けていました。知識は覚えるつもりで意識的に接しないと、いかに残らないかということです。

 それでは近畿大会です。奈良の決勝は東大寺学園が4チームで残りが奈良女子大附属です。3県続いて、4チームが同じ学校です。1問目、略称を答える問題で、東大寺学園の1チームのみ不正解。2問目は漢字で、奈良女子大附属だけ不正解。3問目は都道府県名についての問題ですが、これは考えたことがありません。正解したのは奈良女子大附属と東大寺学園の1チームのみ。この正解した東大寺学園は、クイズ的には知られている人がいるチームです。先日のプレッシャーSTUDYにもメンバーが出ていました。
 4問目、5問目とそのチームが連続正解します。しかし6問目と7問目は東大寺学園の別のチームが連続不正解。早く押しすぎて自滅です。7問目は「原子番号1は水素」で押して答えられませんでしたが、問題は「原子番号111は何」でした。
 8問目、奈良女子大附属が正解します。このメンツの中で解答権を取るか。9問目は2×になったチームが正解。10問目はスポーツで、東大寺学園のまた別のチームが正解します。
 しかし11問目で東大寺学園のクイズ有名人がいるチームが王手。すると、10問目に正解したチームが12問目と13問目を連続不正解です。勝ち抜けを阻止するために無理して早く押した感じです。「和歌の技法で」だけで押して正解するのは無理でしょう。
 それにつられたか、14問目は王手チームが早く押して不正解。しかし15問目、クラシック音楽の問題を王手チームが正解して決定します。この県は順当に東大寺学園が勝ちました。
 この後、5の5乗。

|

« 第5回エコ甲宮城大会(その3) | トップページ | 第5回エコ甲宮城大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50399274

この記事へのトラックバック一覧です: 30回近畿大会(その11):

« 第5回エコ甲宮城大会(その3) | トップページ | 第5回エコ甲宮城大会(その4) »