« どの局も大変 | トップページ | 福澤・浅越イベント »

2010年11月27日 (土)

30回福井大会(その2)

 書くのが遅くなりましたが、23日に朝日放送の開局60年特番がありました。過去の番組を振り返るのですが、クイズは「クイズ・情報番組部門」となっています。つまり「ムーブ!」とかとひとくくりです。取り上げられたのはアタック25、三枝の国盗りゲーム、世界一周双六ゲーム、ABOBAゲーム。ABOBAゲームって知ってますか。みのもんたの司会で、血液型性格判断をテーマにしたクイズです。国盗りゲームは芸能人の出た回、双六ゲームは遠くからの引きの映像で一般人の顔がわからないようになっていて、ガックリ都市に止まったりしたところで解答者は映らないようになっています。そして視聴者リクエストの1位は霊感ヤマカン第六感でした。
 しかしスタジオトークは「晴れ時々たかじん」に終始していました。この番組がきっかけでやしきたかじんは朝日放送に一切出演しないようになったのに、よく60周年記念番組で取り上げられるな。

 それでは福井大会です。三択の1問目は「ハーバード大学のある州は」。いきなり難しい。2問目は「日本の国立公園で最も面積が大きいのは」。これはクイズ研は知っていてもおかしくないか。3問目、「左右対称の元素記号、原子番号順で最初はH。では最後は」。問題がややこしくて何度も説明します。左右対称の元素記号ということ自体、無理がないか?
 4問目は第100代天皇です。なんかこの地区は難しくないか。しかしこの時点で全問正解が11チームいます。5問目、地図に関する問題で5チーム勝ち抜けます。

 6問目、急に常識問題になりますが勝ち抜けたのは3チーム。警報が鳴って続行です。7問目はまた高度な知識が必要な問題になって、10チームぐらい抜けます。8問目は世界地理で、クイズ研なら知っているだろう問題です。
 9問目は星座で、急に簡単になります。十数チーム抜けますが、まだ続行です。10問目「アメリカの独立13州でないのは」。これで十数チーム抜けて、終了です。州で始まって州で終わりました。
 この後、あざとい演出。

|

« どの局も大変 | トップページ | 福澤・浅越イベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50140920

この記事へのトラックバック一覧です: 30回福井大会(その2):

« どの局も大変 | トップページ | 福澤・浅越イベント »